絶品フードを片手に♪ 「駒沢公園」で春のお散歩ピクニックを満喫

ぽかぽかしたお天気のいい日は、おいしいフードを持ってお出かけしたい!おいしくて、しかもかわいいならもう言うことなし!ということで、緑豊かな駒沢公園へのお散歩ピクニックに持って行きたい、テイクアウトフードをピックアップしてみました♪

2018年8月2日 更新

ぽかぽか陽気はお出かけ気分♪

気温が上がってお天気が良い日が続くと、思わずお出かけしたくなりますよね♪ ぽかぽか公園で日向ぼっこをしながら、おいしいものを食べるなんてこの上ない贅沢。都心からもアクセスが良い、緑豊かな「駒沢公園」で、そんな贅沢な時間を過ごしてみてはいかかでしょう?

駒沢公園に持って行きたくなる、おいしいテイクアウトフードをご紹介します!駒沢大学駅から駒沢公園までの道のりで購入できる、おすすめテイクアウトグルメをまとめたので、さっそくお散歩気分で見ていきましょう♪

甘い誘惑、選ぶ幸福!「パティスリーナオキ(PATISSERIE NAOKI) 」

駒沢公園のほど近く、シックな雰囲気の「パティスリーナオキ(PATISSERIE NAOKI)」。都内とフランスで技を磨いた、長谷部シェフのお菓子を味わえる駒沢の名店です。

店内にはプチガトーをはじめ、焼菓子からショコラまで、幅広い品揃えに思わず目移りしてしまいます。そのアイテム数はなんと、150を超えるとか!

駒沢公園で食べるおやつを買うなら公園近くの「深沢店」、仕事帰りに買うなら駒沢大学駅前の「駒沢店」が便利。スイーツ激戦区の世田谷の中でも、長く愛されるその味、また食べたくなる、飽きのこないものばかりです。

シェフの愛の結晶♪ 「ゆうたんのおやつ」

248円(税込)

シェフの息子さんのゆうたん(愛称)のために作られた、その名も「ゆうたんのおやつ」。子供のために作られたプリンと侮るなかれ!口の中でとろけるなめらかタイプのプリンに、無糖のシャンティークリームがのっていて、その味には大人も魅了されてしまいます。

あえてシャンティーを無糖にすることでプリンとのバランスが取れ、カラメルがしっかりとまとめています。

カラメルも甘過ぎず苦過ぎず、全体をしっかりとまとめるいい仕事をしているのです。実はおいしいだけじゃない、お楽しみが……!蓋の裏に当たりが出たら、プリンがもうひとつもらえるという、シェフの遊び心が隠れています!

店舗情報

■店舗名:パティスリーナオキ
■最寄駅:駒沢大学駅
■電話番号:03-3703-5522
■営業時間:10:00~20:00
■定休日:月曜日(祝日の場合営業、翌 平日休業)
■wifi:なし
■公式HP:http://p-naoki.jp/index.html
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

muccinpurin

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう