コーヒーサーバー人気おすすめ15選!ガラス製やステンレスタイプまで

コーヒーサーバーと最近聞いた場合、ひょっとするとコーヒーマシンの事を思い浮かべてしまう人も多いかもしれません。しかし本来のコーヒーサーバーの意味はコーヒーをドリップした際に受け止めるための容器の事を指します。ご存知でしたか?

コーヒー好きの必需品!コーヒーサーバーの役割とは?

コーヒーサーバーが力を発揮するのは主にふたり以上にコーヒーを淹れる時です。ふたり以上のコーヒーを淹れる際、カップに直接抽出するコーヒーの淹れ方もありますが、やはりコーヒーサーバーに一度淹れてから各コップに注いだ方がコーヒーの味わいが安定するのです。また、ひとりで飲む際にも一度作ってコーヒーサーバーに置いておけば温めればすぐに飲めるというメリットもあります。

また、コーヒーサーバーを利用することで毎日同じ条件でコーヒーを淹れることになります。毎日同じ条件でコーヒーを淹れると、焙煎日から焙煎してからの味わいの変化を繊細に楽しむことが出来るんです。せっかく味が変化しているのに、淹れ方が一定でないためにそれを意識できないのは勿体ないと思いませんか?コーヒーを美味しく飲むためにはコーヒーサーバーは必需品なのです。

コーヒーサーバーの選び方

コーヒーサーバーの種類

一般的にはガラス製でコーヒーを貯めて入れておく為のポットですが、実はコーヒーサーバーにはさまざまな種類があります。例えば本当にガラス製でドリップしたコーヒーを淹れるだけのポットの延長に存在するコーヒーサーバー。

ドリッパーとコーヒーサーバーが一体になってそのままコーヒーを淹れて置いておくことが出来る一体型サーバーなどなど、色んなコーヒーサーバーがあります。自分がどのようにコーヒーを淹れて楽しみたいのかを考えて選ぶようにしましょう。

コーヒーサーバーの素材

耐熱ガラス製

一番一般的で種類が多いものが耐熱ガラス製のものです。メーカーによっては直火がOKだったり、レンジが使えたりするので購入する際に確認するようにしましょう。ただし、耐熱ガラスとはいっても強化ガラスではないので小さなひびで割れてしまう事があります。扱いには十分注意が必要です。

ステンレス製

ポットの魔法瓶のようなステンレスで出来たコーヒーサーバーも最近は増えてきています。保温性が最も高く、大型のものが多いのが特徴で、ひとりで一日中コーヒーを楽しみたいので加熱や抽出が面倒という人に最適です。値段はどうしてもステンレスなので高価になってしまいますが、割れる心配はありません。

陶器製

陶器で出来たコーヒーサーバーもあります。保温性は高いですが、再加熱は出来ません。オリエンタルムードやデザインが良いコーヒーサーバーが多く、インテリアとしての役割も果たしています。

コーヒーサーバーの容量の違い

勿論コーヒーサーバーにはひとりで楽しむための300ml程の小さなコーヒーサーバーから、大人数で楽しんだり、ひとりで何度も気軽にコーヒーを楽しむための1000ml程の大容量の物までさまざまな種類があります。ひとりで飲むなら200から300ml、ふたりなら600ml、家族で楽しむなら1000mlなど用途や人数に合わせて容量をしっかり確認して購入するようにしてくださいね。

デザイン性が高い!ガラス製のコーヒーサーバーおすすめ5選

1. シンプルで丸型「HARIO コーヒー & ティーサーバー テコ」

ITEM

HARIO (ハリオ) コーヒー & ティーサーバー テコ 1000ml TC-100B

サイズ:幅18×奥行13.8×高さ14.8cm、口径9.2cm

¥510〜 ※2018年4月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
シンプルで広口の機能的なコーヒーサーバーがこのHARIOのテコTC-100Bです。直火は不可ですが電子レンジでの加熱は可能なので何時でもあつあつのコーヒーを楽しむことが出来ます。可愛らしい形でテーブルを彩ること間違いなしです。

2. フタ付でレンジOK「HARIOレンジサーバー コーヒードリップ」

ITEM

HARIO (ハリオ) V60 レンジサーバー コーヒードリップ 600ml 耐熱ガラス XVD-60B

サイズ:幅13.7×奥行12.1×高さ12.8cm 口径8.5cm

¥695〜 ※2018年4月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
出来上がりの量の目安としてコーヒーサーバーにプリントしてあるのがポイントのHARIOのXVD-60B。手持ちのカップと合わせて使えるようにマグとコーヒーカップ、2種類の目安メモリが付いています。また、300ml~800mlまで幅広く容量の展開がされており、自分の飲む量だけのコーヒーサーバーを選ぶことが出来ます。

3. コーヒーの味を引き出す「カリタ500サーバーN」

特集

SPECIAL CONTENTS