目立たない!フローリング柄キッチンマット2選

6. 消臭加工つきフローリング柄マット

ITEM

消臭加工フローリング調 キッチンマット

サイズ:60×240cm、素材:塩化ビニル

¥6,804〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

キッチンマットを目立たせたくない方には、床と見分けがつきにくいフローリング柄のマットがおすすめ。ビニル素材なのでつるつるしていて、汚れがふき取りやすいです! こちらは消臭加工がされており、生活臭だけでなくペットのアンモニア臭も軽減。つまずきやすいコーナーを、ラウンド型にカットした安心設計です♪

7. 簡単にはがせる「ニトリ フロアシート」

ITEM

ニトリ 貼ってはがせる フロアシート(シロペンキ)

サイズ:45×240cm、素材:塩化ビニル樹脂

¥1,990〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

ニトリからは、ヴィンテージ感ただようおしゃれなフローリング柄をご紹介♪ 貼るタイプのマットなので、浮いたりつまずいたりしにくく、床にぴたっとフィットしてくれます。 簡単にはがせてべたつかないので、うまく貼れない時や移動させたい時にも手軽にやり直しが可能。ハサミで好きな形にカットして使うこともできます!

どんな床にも対応!キッチンクリアマットおすすめ3選

8. 合わせやすいつや消し透明マット

ITEM

トーメイキッチンマット

サイズ:60×210cm、素材:特殊塩化ビニル

¥14,544〜 ※2020年01月16日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

汚れが見やすい透明なマットは、ふき取りや掃き掃除に便利です。床をダメージから保護してくれますが、分厚すぎないので段差が気になりません。 床暖房にも対応しているので、あたたかいフローリングでも変質せずに使えます!特殊な表面加工がほどこされていて、べたついて床からはがしにくいといった心配も少ないです。

9. 半透明のキッチンマット

ITEM

クリア キッチンマット

サイズ:91×240cm、素材:PVC

¥3,980〜 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

半透明で主張しすぎないクリアシートです。しっかりした厚みがあり、フローリングを傷やシミから守ります!素足でもひんやりすることなく使えて便利。つやの少ないマット加工なので照明がギラギラと反射しにくく、キッチンインテリアとも自然になじんでくれます。

10. サラッとした気持ちよさの幅広クリアマット

ITEM

キッチンマット クリア

サイズ:80×270cm、素材:PVC

¥3,980 ※2018年04月18日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

80cmという幅の広さが特徴的なこちらのクリアマット。遠くまで飛ぶ油はねや水はねも、幅があることで一層カバーしてくれます。洗濯いらずでサッと拭くだけなのでお手入れ簡単♪ 使うほど床に密着し、ズレにくくなります。 表面はエンボス加工をほどこし、素足でべたべた貼りつかないのにスリッパだとすべらない、という理想の感触を実現しました!

便利なキッチンマットで快適なクッキングライフを♪

“お手入れが面倒”、“清潔に保ちにくい”などの理由からキッチンマットを置かないおうちもありますが、特に賃貸の場合は、床を傷つけないためにもマットを敷くことは大切です。 また、丸洗いOKのものやサッと拭くだけのものなど、お手入れが簡単なタイプも増えています。大きさや価格にも幅があるため、ご自分のライフスタイルやキッチンの仕様に合わせて、ぴったりのキッチンマットをチョイスしてみてくださいね!
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS