デラウェアの旬の時期

デラウェアは7月から8月ごろが旬の果物と言えます。しかしハウス栽培も盛んな果物で、山梨のハウス栽培のものは早ければ4月中旬ごろには収穫が始まり5月には店頭に並び始めます。その他多くのハウスものも6月頃から収穫が始まります。露地栽培のものは、7月中旬から長ければ9月いっぱいまで収穫できるようです。

デラウェアの上手な選び方

果実の色が濃く、皮にハリがあるものを選ぶようにします。粒の表面に白く見えるブルームと呼ばれる自然分泌物がついているものや、軸の色が緑色のものの方が新鮮であると言えますので、茶色く枯れていないものを選びましょう。皮にシワがあるものは鮮度が悪く、収穫から時間が経ってしまっているということになります。

デラウェアの食べ方

水で洗ってから冷蔵庫で2時間ほどしっかり冷やしたものがおすすめです。常温のままだと、甘みが強い分、甘ったるく感じでしまうことがあります。皮は口の中に入れて軽く潰すだけでもかんたんに剥けるので、剥いて食べるようにします。薄い皮なので、気にならない方はもちろん食べてしまっても大丈夫です。

アレンジして食べる時は

甘みが強いのでジャムにするのもおすすめです。果汁が多いのでジュースにするのもいいのではないでしょうか。渋みも気にならないほどなのですっきりいただけると思いますよ。皮のまま凍らしてシャーベットのようにいただくのも、暑い時期ならではの楽しみ方ですね◎

デラウェアはワインにも!

日本でワインに仕込まれるブドウの品種は「甲州」が有名ですが、デラウェアも人気の品種となっていて、使われるのは4番目に多いと言われています。主に白ワイン用の品種として使用され、デラウェアで仕込まれたワインは、ブドウの果実味とさわやかな酸味が特徴です。暑い日にもぴったり、つめたく冷やしていただきましょう。

おいしいデラウェアを楽しもう

甘くてさわやかな味わいが特徴のデラウェアは、今ではすっかり夏の定番フルーツですが、ご家庭でジュースやシャーベットにしたり、国産の白ワインにもなるなど、意外とご存知ではなかった方も多いと思います。価格も低めで、気軽に買うことができるのも人気の秘密◎デラウェアの上手な選び方を参考にしていただいて、もっとおいしいデラウェアを味わいましょう♪
▼魅力的なブドウの品種は、まだまだありますよ!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ