ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

ぶどうの種類は世界で1万種類以上!分類の仕方は?

原産地別に分ける

ぶどうの原産地は、大きく分けて2つに分類されます。 ひとつは「ヨーロッパ系」。乾燥した気候を好む品種が多いのが特徴です。日本に渡来したのもこちら。現在も栽培されている品種では、「甲州」がヨーロッパ系の品種にあたります。 もうひとつは「アジア系」。ヨーロッパ系に対して湿った気候でも栽培できます。寒さにも強く比較的栽培しやすいのが特徴で、現在でも栽培されているアジア系品種の代表は「デラウエア」です。

皮の色で分ける

ぶどうの皮の色は、主に「赤系」「黒系」「緑系」の3つに分類できます。ぶどうには、着色に関係する遺伝子が何種類かあり、着色機能がある遺伝子を多くもつ品種ほど皮の色が濃くなります。

黒系

代表的な品種は「巨峰」や「ピオーネ」など。実が大きく、香りが強いぶどうが多いのが特徴です。

赤系

代表的な品種は「甲斐路」や「デラウエア」など。酸味が少なく、上品な甘さが特徴です。

緑系

代表的な品種は「シャインマスカット」や「瀬戸ジャイアンツ」など。香りが高く、ワインに使われることもある品種です
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS