ノンアルコールシャンパンおすすめ13選!甘口や辛口、シャンメリーなど

パーティーなどシャンパンで乾杯という場面も多いですよね。でも体調が悪く今日は飲めない、車で来たから…というときに重宝するのがノンアルコールシャンパン!おすすめの甘口と辛口にシャンメリーなど、人気のノンアルコーシャンパンをご紹介します。

2018年4月16日 更新

4. 脱アルコール「カールユング ピーチ」

ITEM

カールユング ピーチ スパークリングワイン 750ml ドイツワイン ノンアルコール シャンパン 風味

ぶどう品種:リースリング・シルヴァーナ・リヴァーナ

¥999〜 ※2018年4月7日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ぶどうを醸造・発酵させてワインを作り、蒸留してアルコール分を0.5%未満にしたシャンパンです。脱アルコールワインともいわれ、外国ではこのタイプのものが人気。ピーチ風味で甘口のシャンパンです。

5. りんご風味「ケロー アップル」

ITEM

ケロー スパークリング フルーツジュース アップル

原材料:りんご・二酸化炭素(無着色 保存料不使用)

¥1,026〜 ※2018年4月7日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
こちらはぶどうではなく、りんご果汁で作られた珍しいシャンパンです。合成保存料や着色料を一切使用せずに、フランスで作られた100%ストレートジュースで、ほどよい酸味と口当たりのよさで人気になっています。

辛口ノンアルコールシャンパン(スパークリングワイン)5選

6. 辛口タイプ「カールユング白」

ITEM

カールユング スパークリング 750ml ノンアルコールワイン 白

ぶどう品種:リースリング・シルヴァーナ・リヴァーナ

¥820 ※2018年04月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

すでに甘口の項目で紹介した、ドイツのカールユングの辛口タイプです。ワインを真空蒸留してアルコールを除去する独自の製法は、各国で特許を取得しています。ちなみにアルコールゼロではありませんので注意してくださいね♪

7. 花の香り「ヴェリタス」

ITEM

インヴィノ・ヴェリタス ブリュット・ブランコ 白 スパークリング 辛口 750ml ドイツ

ぶどう品種:マカベオ・アイレン・モスカテル

¥1,150 ※2018年04月13日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらもスペイン産ワインからアルコールを抜いて、ドイツで作られたシャンパンです。マカベオやアイレン種のぶどうで作られた、花の香りとフルーティーな風味が持ち味で、爽やかで辛口の味わいが人気になっています。

8. 本物の味「デュック・ド・モンターニュ」

ITEM

デュック・ド・モンターニュ ノンアルコール スパークリング 白 750ml

原材料:ワイン・濃縮還元グレープジュース・砂糖・香料

¥1,500〜 ※2018年4月7日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
創業120年を超えるベルギーの老舗飲料メーカーが作る、脱アルコール製法のスパークリング。シャンパンのような香りと風味、ノンアルコールとは思えない味わいが評判で、ベルギー大使館も推薦するほどの人気商品です。

9. フルーティーな「ピエール ゼロ」

ITEM

レ・ドメーヌ・ピエール・シャヴァンピエール・ゼロ・ブラン・ド・ブラン

ぶどう品種:シャルドネ・ミュスカ

¥1,500〜 ※2018年4月7日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
シャルドネ種のぶどうから作られた白ワインのアルコールを抜いて、ミュスカ種のグレープ果汁をブレンドしたシャンパン。フルーツや花のような香りと、フルーツを食べているような味わいがすばらしいと評判です。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS