「知育菓子」のおすすめ15選♪ 楽しく創造性を磨こう

作って食べるのが楽しい知育菓子。スーパーや駄菓子屋さんなどに売られていて誰しもやったことがありますよね。まるで自分が職人や魔法使いになったみた気分に♪今回はついつい大人がハマってしまうこともある知育菓子の商品をご紹介。一緒に楽しみましょう!

2018年4月26日 更新

知育菓子ってどんなもの?

現在は他社から販売されているお菓子のキットもそのように呼ぶことがあるようですが、もともとはクラシエフーズの登録商標である「知育菓子」。

クラシエフーズの公式ホームページには「好奇心いっぱいの子どもに、沢山のドキドキ・ワクワクを届けたい」「おやつの時間に夢中で作る。そんな楽しい体験を通して、子どもの成長に大切な力を育むお菓子」でありたいという願いがその名前に込められていることが書かれています。

知育菓子のいいところって、こんなところ!

工作感覚で楽しくお菓子が作れる知育菓子。細かな作業が必要なものなら手先の器用さを身に付けたり、お絵かきや粘土遊びのように好きな形を作れものなら色を色を混ぜると違う色になることを学んだり、独創性を養うお手伝いになることもあります。作って食べる楽しさを感じられれば、食育にもなりますよね。

どんなものを選べばいい?何歳から楽しめる?

選び方のポイント

ひとくちに知育菓子といっても、その難易度はさまざま。選ぶときは、難易度が合っているかどうかをまず基準にしてみましょう。味付けも甘いものだけでなく、カレーやハンバーガーなど本物と同じしょっぱい味付けにしているものまであるので、お好みによって選ぶといいですね。

小さなお子さんのお砂糖の摂取量が気になるときは、少し大きなお子さんや大人とシェアできるものを選ぶのも大切です。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

goofy_2s

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう