日頃のお手入れ

ガスコンロには、料理の際に出る油汚れなどがこびりつきやすいです。これらの汚れは落ちづらいので、日ごろからこまめにお手入れをすることが大切です。まずは、汚れがたまらないよう、毎回使ったあとに軽く汚れをふき取る習慣をつけてください。 汚れをふき取るときには、重曹スプレーを吹き付けた布巾などを使うとより汚れが落ちやすいのでおすすめです。

頑固な汚れのお掃除方法

ガスコンロの周りが油よごれが付きやすく、使う頻度も高いので毎日そうじの時間を取れないという人もいるでしょう。しかし、ガスコンロ周りは汚れを放っておくと頑固な汚れになり、なかなか落ちないということもあります。 ガスコンロの汚れに対して重曹ペーストを塗り、ラップをかけて放置しておきます。そうすると重曹が汚れを吸い取ってくれるので、時間を置いた後に重曹を取れば汚れが落ちています。

魚焼きグリルのお掃除

魚焼きグリルはトレイや網など取り外して掃除する必要のあるものが多く、手間がかかる箇所でもあります。また、編の焦げや臭いなどをきれいにするのが大変ですね。 まず、魚焼きグリルの受け皿の掃除には重曹を使うことができます。受け皿に重曹を敷き詰めて使うと重曹が油を吸い取ってくれます。庫内の汚れは、水で濡らしたキッチンペーパーや雑巾で汚れをふき取ったあと、まだ汚れが残っていればセスキ炭酸ソーダ水を作り、汚れにスプレーして落とします。

シンク周りのお掃除方法

日頃のお手入れ

シンクが汚いとせっかくのキッチンも汚れてみえてしまいます。シンクは毎日のちょっとした掃除をするだけ汚れが溜まりにくくなるので、意識して取り入れてみることをおすすめします。 日頃のお手入れでは、食器洗いの後などに台所用の洗剤をつけて磨きます。洗剤はきれいな水で洗い流してください。そのままだと水垢が残ってしまうので、乾拭きをしましょう。

頑固な汚れのお掃除方法

シンクの汚れは毎日スポンジで磨くことに加えて、汚れが溜まってきたと感じたら定期的に少し丁寧に掃除をしてあげる必要があります。キッチンのシンクの掃除には重曹とクエン酸を使います。 まずは重曹の粉を使ってシンクを磨きましょう。重曹の粉を振りかけて、スポンジでこすってください。クエン酸は水垢を掃除するのに使うことが可能です。クエン酸水をつくり、スプレーで振りかけます。ラップをして少し放置した後、スポンジで軽くこすると汚れが簡単に落ちます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ