クビンスのサイレントジューサーで手作りジュースを楽しもう!

ジューサーと言えば、以前は「ガッー!」という擬音に代表される、騒々しい音を立てる機械でした。それが技術進歩によって、静かなサイレントジューサーが開発されて製品化されています。静かな理由とおすすめの機種をご紹介します。

2018年4月29日 更新

お手入れ方法

使用後は、付着した食材が乾く前に素早く作業しましょう。それぞれの部品ごとに付属の洗浄ブラシで洗っていきます。回転ブラシを使えば、分解洗浄も手早く行うことができますよ。一般的なジューサーのような金属刃がないので安心ですね。分解後は正しく組み立てないと電源が入らない安全設計です。

スムージーやフローズンも楽しめる!

この機種も基本のジューサーに加えて、スムージーメーカーとフローズンデザートメーカーの付属品を使うことで、スムージーやフローズンデザートをご家庭で簡単に作ることが可能です。

低速毎分60回転の240Wハイパワーモーターで静かに、市販の100%天然ジュースでは摂取することのできない活きた栄養素が豊富なジュースが作れますよ。材料は、栄養素豊富な果汁と不溶性の繊維に分けて搾汁されるので、とても便利です。

おすすめのモデルはこれ!

ITEM

クビンス サイレントジューサー JSG-120

製品サイズ:244×191×413mm 本体重量:6.5kg

¥34,493〜 ※2018年3月10日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
基本のジューサー機能に加えて、スムージーとフローズンデザートが作れるようになった新タイプです。スムージーメーカーとフローズンデザートメーカーが付属。ご家庭でスムージーや本格的な栄養たっぷりのアイスクリームを簡単に作ることができます。正回転、また、スイッチは停止、逆回転と3種類のモードを標準装備しています。

サイレントジューサーを使ったおすすめレシピ4選

1. ジューサーで豆腐作りに挑戦!

ジューサーを使ってお豆腐を作るという驚きのレシピです。サイレントジューサーは金属刃で材料を粉砕するわけではないので、主原料の大豆は水に浸して、十分にやわらかくする必要があります。作動すると水分が抜けて、おからができます。それを煮て、にがりを加えてお豆腐に。

2. イタリア料理に万能のトマトピューレができます!

生のトマトをサイレントジューサーでジュースにしぼり、それを3時間煮詰めてトマトピューレに。ミートソースやチキンカチャトーラなどのトマト煮に大活躍しますよ。金属刃で材料を粉砕するだけの従来のジューサーミキサーと違って、ジュースと繊維かすを分別してくれるのが便利です。l

3. にんじんとしょうがのドリンク

りんご、にんじん、セロリ、生姜のスペシャルドリンク。りんごを入れることで、野菜の青臭さを軽減してくれるので飲みやすくなりますよ。スムージーのようなドロドロ感が苦手な方でもスッと飲めるサラサラジュースです。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう