ライター : cucunyaroti

「素材のよさを生かす」をモットーに野菜作りと育児に奮闘中の主婦です。こどもに毎日「おいしい!おかわり!」と言ってもらえる料理を作れるよう心がけています。

中国茶入門◎ 基本の中国茶器を覚えよう!

中国茶器とは

中国茶器とは、プーアル茶やウーロン茶などの中国茶の香りや味をより楽しむための道具です。実は、中国茶器には何種類もの道具があります。その数は、初心者の方にとって「何を最初にそろえたらいいの?」と疑問に思ってしまうほど。 熱湯を卓上で作ることができる電気ケトルの「随手泡(スイショウパオ)」や、お茶をいれるための「蓋椀(ガイワン)」や「茶壺(チャフウ)」。できあがったお茶を一度移すための「茶海(チャーハイ)」や、お茶を飲むときに使うときの「茶杯(チャーペイ)など種類はさまざまです♪

基本の中国茶器は5種類ある

たくさんある中国茶器のなかでも、基本的にそろえておきたい種類の道具は5つあります。初心者の方は、まずこの5つの道具について詳しく知ることが重要です。 まず1つ目の道具は蓋椀(ガイワン)、。日本でいう茶碗のことです。2つ目は、茶壺(チャフウ)と言い、急須のことを指します。 3つ目は、茶の海と書いて、茶海(チャーハイ)。お茶のピッチャーのことです。4つ目は、お茶を飲むための小さな器、茶杯(チャーペイ)。そして最後の5つ目は、お茶の香りを楽しむための器である、聞香杯(ウェンシアンペイ)となっています♪

蓋椀

蓋椀(ガイワン)とは

蓋椀とは、蓋が付いた茶椀です。茶椀に蓋と茶托が付いたものが一般的。蓋椀と茶葉と熱湯があれば、気軽に中国茶を楽しむことができる万能道具です。 使い方として、まずは蓋椀を温め、そこに熱湯をいれます。次に蓋をして、じっくりとお茶を抽出。抽出時間は、お茶によって異なるので注意してくださいね。 できあがったら、蓋を外し、蓋の裏に付いたお茶の香りをまずは楽しむのが本格的な方法です。そのままお茶の味を楽しむときは、蓋でお茶の葉を抑えながら、蓋椀に口を付けて飲みましょう。このとき蓋椀が非常に熱くなっているので、茶托ごと持ち上げて飲むのがいいですね♪ 蓋椀は蓋をパッと開けるだけで、茶葉の状態や茶水の色を確認しやすいので、本場のお茶会でも親しまれています。

蓋椀(ガイワン)の選び方

蓋椀を選ぶときは、3つのポイントをおさえることが大切です。 まずは、蓋椀の素材を見極めましょう。蓋椀は、磁器・陶器・ガラスなどの素材から作られています。なかでも、中国の工芸品である磁器から作られた蓋椀は、見た目が美しいのでおすすめです。玉磁と呼ばれる真っ白の磁器は、見ているだけでもうっとりと見とれてしまうほど人気がありますよ♪ 次に、厚みがないものを選ぶことも大切な条件です。蓋椀の厚みが薄いほど、熱が逃げていかないので、お茶の香りがより引き立ちます。形は、蓋椀をつかみやすいように、蓋が外に向かって反っているものがおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS