中国茶器の選び方は?使用方法や自宅で楽しめる厳選商品も

ウーロン茶やプーアール茶など、色々な場面で見かける中国茶。今回は中国茶をより楽しむための中国茶器についてご紹介していきます。特徴や使い方・選び方のポイント、おすすめの茶器セットまで内容は盛りだくさん!ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2018年3月28日 更新

中国茶入門◎ 基本の中国茶器を覚えよう!

中国茶器とは

中国茶器とは、プーアル茶やウーロン茶などの中国茶の香りや味をより楽しむための道具です。実は、中国茶器には何種類もの道具があります。その数は、初心者の方にとって「何を最初にそろえたらいいの?」と疑問に思ってしまうほど。


熱湯を卓上で作ることができる電気ケトルの「随手泡(スイショウパオ)」や、お茶をいれるための「蓋椀(ガイワン)」や「茶壺(チャフウ)」。できあがったお茶を一度移すための「茶海(チャーハイ)」や、お茶を飲むときに使うときの「茶杯(チャーペイ)など種類はさまざまです♪

基本の中国茶器は5種類ある

たくさんある中国茶器のなかでも、基本的にそろえておきたい種類の道具は5つあります。初心者の方は、まずこの5つの道具について詳しく知ることが重要です。

まず1つ目の道具は蓋椀(ガイワン)、。日本でいう茶碗のことです。2つ目は、茶壺(チャフウ)と言い、急須のことを指します。

3つ目は、茶の海と書いて、茶海(チャーハイ)。お茶のピッチャーのことです。4つ目は、お茶を飲むための小さな器、茶杯(チャーペイ)。そして最後の5つ目は、お茶の香りを楽しむための器である、聞香杯(ウェンシアンペイ)となっています♪

蓋椀

1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう