ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

おいしいだけじゃない!オーガニックチョコレートの魅力

オーガニックチョコレートとは

オーガニックチョコレートと聞くと、なんとなく「安心」「体に良さそう」「子どもでも大丈夫」というイメージですよね。それもそのはず、オーガニックチョコレートとは、主原料のカカオから他のナッツやミルクも含めすべてがオーガニック(有機栽培)原料で作られたチョコレートのことなんです。(※日本の有機JAS法ではミルクは対象外となっています) 製造工程は可能なかぎり、最小限に抑えたシンプルな製法で、オーガニックではない原料が混入しないよう、一般のチョコレートとは離れた施設で作られます。

オーガニックチョコレートの特徴

合成肥料や除草剤などの農薬はもちろん、他では当たり前のように使われている保存料や合成着色料、香料、ブドウ糖果糖液糖などの食品添加物、ましてや遺伝子組換え原料などは使用せずに製造されています。 必然的に、原材料費など製造コストがかかるため、販売価格も他のチョコレートに比べ高く設定されているものがほとんどですが、添加物が含まれていないので、カカオ本来の風味を味わうことができます。

オーガニックの見分け方

有機JASマーク

日本では、オーガニックチョコレートに分類されるものには「有機JAS」マークが付いています。有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認定機関が検査し、認定された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。この有機JASマークがないものに「有機」「オーガニック」などの名称を表示したり、これと紛らわしい表示をすることは法律で禁止されています。

輸入チョコレートの場合は

輸入チョコレートの中には、現地の規準に基づいた認証のみを取得しているものがあります。アメリカの有機認証団体「USDAオーガニック」など、これらのマークが付いている場合は、有機JASマークが付いていなくても、アメリカの規準に基づいたオーガニックチョコレートであると認証されているということです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS