テイスト別!おしゃれローテーブル15選

お部屋ではローテ-ブルを使っていますか?ただのテーブルではなく、さまざまな視覚的・機能的効果があるローテーブルについて解説!その魅力から選び方、部屋作りのポイントにあわせて、テイスト別におすすめ15選をご紹介しますよ。

おしゃれなローテーブルの魅力って?

部屋をおしゃれに広く見せる

高さのないローテーブルなら、天井との間に空間ができて、より多くの空間が生まれます。狭いお部屋でも、テーブルを変えるだけで、視界がひらけて少し広く感じられるようになるのが魅力です。

小さい子にも安心

おしゃれなローテーブルはインテリアとしても使えるだけでなく、子どもが使いやすい高さなので、お子さんのいるご家庭でも重宝しますよ。普通のテーブルだと起こりがちな、テーブルの角で頭を打ったり、椅子から落ちてしまうトラブルもなくなり、安心して過ごすことができます。

折りたたみ式も

使わない時は閉まっておき、必要な時に出してきたり、部屋の雰囲気やシーンに合わせて変えることができる折りたたみ式のローテーブルもおすすめ。最近では昇降式で高さを自在に変えられるものも多く出回るようになってきています。どちらも、デザイン性が高くカラーも豊富なものがたくさんあります。

ソファやイスの高さも忘れずに

ローテーブルにすることで生まれた広い空間ですが、ソファやイスも低いローソファに変えることでもっと空間が生まれ、より広さを感じるようにすることができます。明るめの色の方が圧迫感がなく、さらに広く感じられるでしょう。

ローテーブルでおしゃれな部屋を作る3つのポイント

1. 高さ

ソファと一緒に使う場合の高さは、ソファの座面とローテーブルの天板の高さを同じにするか、5cm以内で高くするぐらいがちょうどいいサイズ感。床に直接座って、食事や勉強、パソコンなどをするのに使う場合は、天板までの高さが35cm程度のものが使いやすいです。直接座るのではなく、クッションや座椅子を使う場合はその厚み分高くすることがおすすめ!

低いテーブルは部屋を広く見せる効果がありますが、あまりに低い30cmくらいの高さのものになると、足を入れるのに窮屈だったりと不便があるので注意が必要です。

2. 大きさ

テーブル幅は、ソファより少し小さいサイズが導線が確保できるのでおすすめです。2シーターのソファの場合は、テーブル幅75から105cmを目安にしてください。3シーターソファの場合は、105から140cmのテーブル幅がおすすめ。このサイズ以内であれば、大きすぎず導線の邪魔にもならず、小さすぎて使い勝手が悪いこともないでしょう。ひとり暮らしの方が使うには60から90cmのコンパクトサイズがおすすめです。

3. 素材

木製テーブルはとても落ち着いた印象を与えてくれ、木の種類や木目、色目によってもイメージが変化します。ご自身の好みはもちろん、他の家具との調和は取れているか確認しましょう。ガラス天板のテーブルはスタイリッシュな印象でお部屋をかっこよく見せてくれます。小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、テーブルの角にぶつかってしまったり、天板にものを落としてしまったり、事故に備え注意が必要です。

普段は部屋に何も置きたくないが、作業をする時にだけ出して使いたいといった場合に便利な折りたたみ式のテーブルには、プラスチック製のものも多くあります。

おしゃれなローテーブルの雰囲気タイプ

北欧

すっきりとしたシンプルなデザインのものが多いです。木材の風合いをそのまま活かしたスタイルで、やさしい色合いのものが特徴。どんなお部屋にも合う北欧スタイルのローテーブルには、さまざまな形があり、個性的でおしゃれなデザインのものが多いので、理屈ではなくひと目見て、気に入ったものがあれば直感で選ぶことをおすすめします。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう