時短なのに長時間かけたおいしさ!保温鍋活用のすすめ

よく耳にするけれど、保温鍋とは具体的にどのようなものなのでしょう?そしてどんなメリットがあるのでしょう?この記事では保温鍋の特徴からおすすめレシピまで幅広くご紹介します。きっと保温鍋を使いたくなること請け合いですよ。

保温鍋とは?

保温調理とは余熱を利用する調理方法ですが、その特性を活かした調理器具が保温鍋です。一度沸騰させたらあとは保温容器に入れておくだけという手軽さがありつつ、さまざまな料理が失敗なく簡単に作れますよ。

火にかける時間はわずかながら、余熱で調理することができるので、時間のかかる煮込み料理なども手間なく作れるスグレモノです♪調理の時間と調理にかかるエネルギーを大幅に短縮できるので、結果的に時間にもお金にも優しい鍋なんです。

どんなお料理に適している?

様々な料理に大変便利な保温鍋ですが、特に適しているのはやはり煮物。肉じゃがやおでんなど、じっくりと味を染みこませたい料理には特に最適といえます。

また、カレーやシチューなどコトコト煮込みたい料理にもぴったり。その他ピラフなどもべチャッとならずに上手に仕上がります。火加減の必要がなく、焦げ付きや煮崩れ等の心配もないので、あらゆる料理が失敗なく作れますよ。

保温鍋のメリット

お料理の時間が短くて済む

保温鍋のメリットといえば、なんといっても料理時間が短縮できるところにあります。例えば煮込み料理でしたら、味付けをすればあとは待つだけ。普通に作る煮物と異なり、火加減などを気にしなくてよいので、その分他のことに時間を使うことができます。また、ガス代の節約になるところも嬉しいポイントですね。

素材のおいしさを活かせる

ステンレスタイプの魔法瓶と同じような高い保温力がある保温鍋。ふつうのお鍋で調理するときのようにグツグツと煮込むのではなく、余熱でじっくり煮込むので、素材本来のうま味やおいしさを活かした仕上がりになります。

また、ゆっくりと味が染みこんでいくので、味付けは控えめでも充分なおいしさに。減塩効果も期待できて一石二鳥ですね。

お子さんがいる家庭でも安心

火を使うお料理は、小さいお子さんがいると特に気を張ってしまうものです。しかし保温鍋を使えば、火のそばにいなくともお料理が完成するので、そういった心配はありません。小さいお子さんがいると、毎日の食事作りも特に大変なもの。そんなとき保温鍋は強い味方になってくれますね。

保温鍋を選ぶ時のポイント

容量

ふつうのお鍋と同じように、保温鍋を選ぶ時もまず考える必要があるのは容量でしょう。煮込み料理によく使うのでつい大きいものを選んでしまいそうですが、あまり大きいと扱いにちょっと困ってしまうかも。

1~2人用で1.5L、3~4人家族用で3L、それ以上の大家族だと4L程度のものがおすすめです。さまざまな容量の保温鍋が市販されているので、大きいものと小さいものを組み合わせるなど、使い勝手のいいように揃えてみてはいかがでしょう。

消費電力

保温鍋には、電熱ヒーターを利用するマイコンタイプと、IHタイプの2種類があります。その消費電力には大きな違いがあり、マイコンタイプが600~800W程度なのに対し、IHタイプは1200W程度になるものも。しかし、IHタイプの保温鍋は温度ムラのない料理ができるので、失敗なくおいしくできるというメリットもあります。

調理時間が短縮することでガス代の節約にとっても有効な保温鍋ですが、消費電力にはちょっと注意してみてくださいね。

デザイン

毎日使う上で、とっても大切なのがデザイン性。特に、ほったらかしで料理が完成してしまう保温鍋を選ぶ際は、思わずデザイン性を意識してしまうのでは?

保温鍋のデザインは、シルバーにブラックの取っ手がついたようなシンプルなものから、鮮やかな赤色の保温鍋までさまざまです。

機能性だけでなく、デザインの面でもお気に入りの保温鍋があれば、料理がさらに楽しくなることでしょう!

おすすめ保温鍋3選

1. かわいいデザイン「サーモス 真空保温調理器 シャトルシェフ」

特集

SPECIAL CONTENTS