【メーカー別】魔法瓶の水筒15選!選ぶコツや手入れ方法も

魔法瓶タイプの水筒があれば、夏は冷たく冬は暖かい飲み物で喉を潤すことができます。今回は魔法瓶の水筒を選ぶポイントや有名メーカーの比較、バラエティ豊かな商品15選をご紹介します。購入を検討されている方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

2019年11月24日 更新

魔法瓶の水筒を選ぶポイント

容量

魔法瓶の水筒にはいろいろなタイプのものがあり、容量もさまざま。0.2リットルに始まり、 0.48リットルや0.8リットル、大容量の2.0リットルとサイズに大きな幅があり、シーンに合わせて選べます。

お子さんの通園・通学用の場合は学齢に合わせたサイズで、夏場のスポーツや部活には大容量。通勤や街歩き・アウトドア用と、それぞれの用途に合わせた容量・本体の重さを選びましょう。

使いやすいか

「マイボトル」がすっかり定着した最近、お気に入りのカラーやデザインを見つけるとひと目惚れで買ってしまいがち。でも毎日使うものだけに「使いやすさ」はとても重要なポイントです。今回は重要ポイントをまとめてみました。

1. 密閉性の高さ……ふたや飲み口から水漏れせず、冷めにくい
2. 衛生面……口が広く部品を分解して洗える
3. メンテナンス……パッキンやキャップなど消耗する部品の購入ができるか

ほかにも個人により、気になる点はありますよね。いろいろな水筒を比較しながら適したものを選びましょう♪

有名メーカーを比較!どんな魔法瓶水筒を作ってる?

タイガー

1923年創業、日本の最大手魔法瓶メーカー「タイガー」の魔法瓶水筒の特徴は、なんと言っても、高品質で機能性が高く、品ぞろえが豊富なところです。

看板ブランド「サハラ(SAHARA)」は熱を逃がさない「真空層」、汚れや臭いがつきにくい「スーパークリーン加工」が魅力。アウトドア用からミニボトルまで豊富なラインナップです。

象印

タイガーに並ぶ最大手「象印」もタイガーに劣らず、高品質で高機能・ラインナップの豊富さの3拍子がそろった老舗魔法瓶メーカーです。

「タフ(TUFF)」ブランドは、「ステンレス真空2重層」で保冷・保温力が高く「サビに強い2倍フッ素コート」でスポーツドリンクもOKなどの特長があります。豊富な容量とデザインの中から、使うシーンにピッタリの商品が選べますよ♪

サーモス

世界で初めてガラス製魔法瓶を製品化した「サーモス」は、独自製法の「真空断熱魔法瓶構造」で保冷・保温の長時間持続するのが特長です。

マイボトルブームの火付け役ともいえるワンタッチオープンのマグタイプは、水筒本体が超軽量なのも人気の理由です。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう