ライター : Johnny

フォトグラファー

フリーカメラマンのほか、ライター、編集者の仕事をしています。カレーと定食中心の食生活で、代官山「末ぜん」に通い詰める日々。

かつお愛溢れる女性オーナーが切り盛りする「かつお食堂」

Photo by Johnny

ある日SNSをチェックしていると、定食好きなら気になるお店を発見……! かつお節専門のセレクトショップ「かつお舎」が週に3日だけ回遊(オープン)する、その名も「かつお食堂」。かつお節に魅了された“かつおちゃん”こと永松真依さんが、渋谷にあるバー「bar&...miiiii」を間借りして開いているお店です。 朝の8時から14時までオープンしているとのこと。とある平日、朝食ついでに行ってきました!

「かつおぶしめし」のおいしさに舌鼓!

Photo by Johnny

メニューはシンプルに2種類だけ。どちらも削りたてのかつお節がふんだんに盛り付けられた「かつおぶしめし」を楽しめます。メニューには記載されていませんが、要予約の「かつお大トロごはん」は、活きがいいカツオの漬け丼が食べられるそうです。 今回は「かつお食堂ごはん」をいただきます!

Photo by Johnny

こぢんまりとしたバーカウンターには削り器が置いてあり、かつおちゃんが目利きして仕入れたかつお節が目の前で削られていきます!この日のかつお節は明治15年創業の老舗、静岡県田子の「カネサ鰹節商店」のもの。作り手の想いやこだわりを実際に見聞きしているからこその「おいしさを味わってほしい」という気持ちが強く伝わってきます。

Photo by Johnny

かつお食堂ごはん 1,000円(税込)
そうして出てきたのが、こちらのかつお食堂ごはん。削りたてのかつお節がこんもりとのったかつおぶしめしに、菜の花やえのきなどの具材がゴロゴロ入ったお味噌汁、優しいお出汁の出汁巻き卵、いたってシンプルな定食です。 写真右上にある小皿に盛られたかつお節は、高温で一気に燻すため凝縮された旨味が特徴。お味噌汁に入れると、香りと共に具材としてもおいしく食べられます。

Photo by Johnny

こんもりと盛られたかつお節は、ご飯の蒸気でひらひらと踊るように舞い、まるで生きているかのよう。削りたてをそのまま食べてみると、上品な香りとその強さに驚きます!少し醤油を垂らしてご飯と一緒に食べても、しっかりおかずになる味わい深さ。

Photo by Johnny

追加でトッピングできる「かつお食堂特製生卵」には、田子を中心に江戸時代から親しまれてきた"潮鰹(しおかつお)"がのっています。黄身を割ってかつお節になじませると、卵のまろやかな濃厚さに加え、少量ながらインパクトのある潮鰹の旨味を感じられます。 いままでかつお節は“脇役”のような食材と思っていたのですが、予想外な主役級のうまさにすっかり魅了されました。ご飯の大盛りと、かつお節のおかわりが無料なのも嬉しいポイントです。
また、かつお食堂が間借りしている「bar&...miiiii」では、かつお節を使ったお酒「呑む鍋」が提供されています。"新さつま節"というかつおの加工品が入っており、ポン酢をお供に呑むとやみつきになるおいしさなんだとか!夜のかつお食堂も稀に営業しているので、気になる方はお店のSNSをチェックしてみてください。

かつお食堂で、花かつおな1日を!

Photo by Johnny

今回は朝早くに訪れたので先客も少なく、かつお節に関するうんちくやお店を始めるきっかけをたっぷりと伺うことができました。かつお節のおいしさもさることながら、かつおちゃんのお話を聞くだけでも価値のある食体験を得られるはず。お店を出る際「花かつおな1日を!」の一声に見送られ、一瞬こそばゆく思うもののまたすぐにでも“回遊”したくなりました。 いままでに経験したことのないかつお節の滋味深さを、ぜひ味わってみてください。

店舗情報

かつお食堂 ■最寄駅:渋谷駅 中央改札駅より徒歩10分 ■住所:東京都渋谷区渋谷1丁目6-4 The Neat青山1F(bar&...miiiii 内) ■電話番号:非公開 ■営業時間:8:00〜14:00 臨時夜営業あり ■定休日:月、火、土、日 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13218417/ ■公式HP:https://www.instagram.com/katsuosha/
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS