アイスクリームメーカーのおすすめ機種5選&人気レシピ10選

気温が上がり、夏に近づいてくるとおいしくなるアイスクリーム。スーパーや専門店で買うのもいいですが、アイスクリームメーカーを使うと簡単に手作りできますよ。今回はアイスクリームメーカーのメリットや特徴、おすすめ製品とレシピを紹介します。

アイスクリームメーカーとは?

アイスクリームメーカーとは、材料を投入すると、撹拌と冷却を行ってくれて、手作りアイスが簡単に楽しめる家電製品です。アイスクリーム作りのうちで重要な工程を代わりにやってくれるので、子どもでも簡単にホームメイドアイスクリームが作れます。

空気を入れながら撹拌し、なめらかな食感に仕上げてくれるので、まるでお店で食べるようなクオリティのアイスクリームが楽しめますよ。

方式は2つある

冷凍容器タイプ

アイスクリームメーカーは、主に2タイプに分類されます。

冷凍容器タイプは、アイスクリームの材料を入れる冷却容器を冷凍庫で冷やし、材料を入れてかき混ぜることでアイスクリームを作ります。シンプルな構造でコンパクトなものが多く、安価で入手できるのが特徴です。

コンパクトなので1度にたくさん作れないこと、あらかじめ冷凍庫で容器を凍らす必要があるので、凍らせる時間と冷凍庫のスペースが必要なことがデメリットです。

コンプレッサー内蔵タイプ

コンプレッサー内蔵タイプは、容器を冷やすための「コンプレッサー」と言う部品がアイスクリームメーカーに内蔵されているタイプです。

アイスクリームの材料を容器に入れたら、コンプレッサーが本体内の容器を冷やし、アイスクリーム作りをスタートします。

冷凍庫で容器を冷やす必要がないので、事前の準備が必要なく、短時間で繰り返し作れることがメリットです。また容量の大きいものが主流なので、多人数のおもてなしやまとめ作りに最適。

デメリットとしては、機械そのものが大きいので置き場所の確保が必要なこと、複雑な構造なので高価なものが多いことが挙げられます。

アイスクリームメーカーを選ぶそのほかのポイント

デザイン

最近は様々なデザインのアイスクリームメーカーが販売されています。

使わない時にしまっておくなら、収納場所のサイズにピッタリ合うものを選びましょう。キッチンに出しっぱなしで使う場合は、キッチンの雰囲気にしっくり馴染むデザインを探してみてはいかがでしょうか。

子どもが作るなら、使っていて楽しい気分になる、カラフルでポップなデザインのアイスクリームメーカーがおすすめです。

容量

アイスクリームメーカーを検討する際は、どれくらいの容量のアイスクリームを作りたいかをイメージしてみましょう。

市販されているカップアイスは大体150〜200mlぐらいです。1度に食べる人数とこの目安を掛けあわせてみると、必要な容量が分かりやすいですよ。

価格

アイスクリームメーカーの価格は、タイプや容量によってさまざま。高価なアイスクリームメーカーを買ったけれど、あまり使わなかった……ではもったいないですね。

初めてのアイスクリームメーカーを検討しているなら、まず小さな冷凍容器タイプを購入して、手作りアイスクリームの味や作る際の手間を体験してみてはいかがでしょうか。

そのうえで、もっと食べたい、たくさん作りたい!と思ったら、大容量タイプに買い換えるといいですね。

おすすめアイスクリームメーカー5選

1. 【アイリスオーヤマ】アイスクリームメーカー バニラストロベリー

カップアイスクリームのような見た目がキュートなアイリスオーヤマのアイスクリームメーカーは、冷凍容器タイプで価格もリーズナブル。よく冷やした容器とアイスクリームの材料をセットしたら、スイッチONで20分待てばおいしいアイスクリームが完成します。

アイスクリームのほか、ジェラートやシャーベットも作れますよ。

2. 【貝印】アイスクリームメーカー DL0272

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

migicco

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう