意外に知らないお茶の種類と特徴まとめ!紅茶も中国茶もまとめて解説

ひとりでほっとひと息つきたいときや、大切な人と会話を楽しみたいとき。また、お茶を淹れる時間も好きという人も多いかもしれません。緑茶や青茶、紅茶などさまざまな種類がありますが、今回は種類について詳しく見ていきましょう♪これでお茶博士かも?

2018年3月2日 更新

お茶の種類について知りたい!

緑茶や紅茶、ほうじ茶、ウーロン茶など……。ひと口でお茶と言っても、実にさまざまな種類がありますよね。意識して選んでいる人も、何気なく選んでいるという人も、その違いをちゃんと理解したらもっと毎日が楽しくなりますよ♪

違いがわかれば、知識が増えるだけでなく、TPO(時、場所、機会)に合わせてどんなお茶を選べばよいかがわかるようになります。今回は、お茶の種類とその特徴について紹介します。

まずはお茶の基礎からお勉強

お茶ができるまで

茶園で栽培された生葉が加工されることでお茶は作られます。生葉は採取された時点で酸化酵素により発酵が始まり、その発酵度合いによってさまざまな種類のお茶に分かれます

例えば緑茶やウーロン茶、紅茶は同じ「カメリアシネンシス」という茶の樹からできているのです!緑茶は不発酵、ウーロン茶は半発酵、紅茶は完全発酵というように、発酵度合いの違いにより違うお茶ができあがります。

多くのお茶は「茶の葉」から

緑茶やウーロン茶、紅茶など多くのお茶は茶の葉から作られます。茶の葉は世界各地で作られているんですよ!茶の葉から作ったお茶以外にも、ハーブからできたハーブティーや、穀物を焙煎したそば茶、黒豆からできた黒豆茶などがあります。

そばや黒豆などは、お茶としてだけでなく、そのまま食べてもおいしいですよね。今回は茶の葉からできたお茶の説明をします。
1 / 7
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

oruka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう