ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

ウイスキーグラスの種類と特徴

味の変化を楽しむなら。ロックグラス

ロックグラスとはその名のとおり、氷を入れて使用するグラスのこと。氷の塊が入りやすいように口径が広く、高さはそんなにありません。容量は200~300mlくらいが普通で、陶磁器や金属製などがあるものの、ウイスキーではガラス製が特に人気です。

ずっしりとした重厚感のあるタイプが多く、おもに「オン・ザ・ロック」スタイルで飲むときに使われます。グラスの中に入った氷が少しずつ溶けていくごとに、ウイスキーの味の変化を楽しめるのが特徴です。

一気にあおって飲む!? ショットグラス

昔からパブでウイスキーを1オンス(約30ml)注ぐことを、ワンショットと言っていたことからついた名前。外国映画でウイスキーを一気にあおるシーンで出てくる、小さなグラスがそうです。

容量はシングルと呼ばれる1オンスから、ダブルの2オンス(約60ml)がほとんど。少し大きい90mlのものもあります。映画のように一気飲みするのではなく、ウイスキー本来の味わいを、ちびりちびりと楽しみたいときにおすすめです。

水割りにぴったり。タンブラーグラス

タンブラーとは縦に細長いグラスのことで、普通にグラスといえばこの形状やタイプを指します。容量は180~400mlなどさまざまですが、ウイスキーグラスとして用いられるのは、300ml前後のものが一般的。

特に水割り用として、よく利用されているグラスです。ウイスキーをソーダで割るハイボールには、400ml近い大きめのグラスが使用されることもあります。

香りを楽しむ。テイスティンググラス

別名「ストレートグラス」と呼ばれるもので、ウイスキーの香りと味わいを楽しむためのグラス。ワイングラスのようにボウルの下部がふくらんでいて、上のリム(口縁)に向かうほどしぼんだ形状が多いようです。また、リムがフレアのように開いた、華やかなデザインのグラスもあります。

特にスコッチウイスキーなどの、個性的でスモーキーなフレーバーを楽しむにはなくてはならないグラス。高級ウイスキーを入手したときのために、ひとつは持っておきたい、テイスティング専用のグラスです。

ウイスキーグラスを選ぶこだわりの基準

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ