連載

スタバファン必携!自由に記録できる「コーヒーパスポート」で色鮮やかなコーヒー体験

マカロニメイトがスターバックス本社を訪れ、コーヒースペシャリストの若林さんにコーヒーの楽しみ方を教わる新連載企画がスタート!今回は、コーヒーライフがもっと楽しくなる「コーヒーパスポート」の使い方を教えてもらいました。

2018年7月3日 更新

スターバックスでコーヒーの基礎をお勉強!

前列左から、静(@c_chan0118)さん、miki(@miki______k)さん、ami(@amikuma1219)さん、後列 スターバックスコーヒースペシャリスト若林さん

Photo by macaroni

前列左から、静(@c_chan0118)さん、miki(@miki______k)さん、ami(@amikuma1219)さん、後列 スターバックスコーヒースペシャリスト若林さん

コーヒーの楽しみ方を基礎から学べる初心者必見の連載がスタートしました!第一回は、インスタグラマーとして活躍中のマカロニメイト3人がスターバックス本社を訪問。コーヒーの教科書のように使えて、コーヒーの味の感想を書き込んで記録できる「コーヒーパスポート」の使い方を、コーヒースペシャリスト・若林さんに教わってきました。初心者必携のアイテムですよ!

さらに、コーヒーの味の違いをもっと感じられる、基本のテイスティングの方法もご紹介。マカロニメイトと一緒に、コーヒー入門しませんか?

飲んで集めて!「コーヒーパスポート」でコーヒーライフが鮮やかに

飲んで集めて!「コーヒーパスポート」でコーヒーライフが鮮やかに

Photo by macaroni

若林さん「コーヒーは、豆の産地やローストのレベルによって味わいが変わるんですが、皆さんは今まで飲んだコーヒーの味を覚えていますか?」

静さん「ケニア、ブラジル、コロンビア……コーヒーの産地名はよく耳にしますが、どんな味だったかすぐ忘れちゃうんですよね」

若林さん「そうですよね、それぞれの味わいを覚えておくのは難しいと思います。今回は、コーヒーの味わいを自分の言葉で記録できて、コーヒーの教科書のように活用できる、コーヒーパスポートの使い方をご紹介します!

本物のパスポートと同じB7サイズで、ポケットにもすっぽり入るコンパクトな手帳です。クラフト紙でできた表紙には、金色の箔押しで「STARBUCKS®︎COFFEE PASSPORT」とロゴが入っています。デザインは、リニューアルのたびに変更されているんですよ」

amiさん「ナチュラルな雰囲気で、ビジュアルもおしゃれ!」

それでは、コーヒーパスポートの使い方をご説明します。

「コーヒーパスポート」の使い方

1. ドリップコーヒーを注文してゲット

1. ドリップコーヒーを注文してゲット

Photo by macaroni

若林さん「コーヒーパスポートは、お店では販売されていません。ドリップ コーヒーやコーヒー豆を購入した際に合わせてお願いすると、誰でももらえるんですよ!」

お店によっては、在庫がないこともあるので、「コーヒーパスポートが欲しいのですが」とバリスタさんにきいてみましょう。

2. ロゴ入りのスタンプシールを貼る

2. ロゴ入りのスタンプシールを貼る

Photo by macaroni

若林さん「スターバックスのコーヒー豆には、豆の産地やローストのレベルによって、それぞれ名前がつけられています。ドリップコーヒーやコーヒー豆を買う際に『コーヒーパスポートのシールをください』とお願いすると、豆の名前とロゴの入ったシールをもらえるんです」

まずは、今日のコーヒーのページを開いて、スタンプシールをペタリ。
mikiさん「御朱印帳みたいで、集めるのが楽しくなりそうですね」
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni編集部

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう