ライター : donguri

レシピフードライター

グルメと旅が大好きな主婦ライター。最近はシンガポールや台湾などアジアの料理にハマっています。"ラクしておいしい"を日々研究中!読んでいて楽しくなるような記事をお届けしたいと思…もっとみる

キッチンのゴミ箱選びは置き場所と形で

生ゴミ、プラスチック、ペットボトル、缶……。キッチンには、においも衛生面も気になるたくさんのゴミが出てきます。毎日使うものなので、使い勝手が悪いとストレスを感じてしまいますよね。捨てづらい、インテリアに馴染まない、分別しにくいなど、悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。 そこで今回は、失敗しないゴミ箱選びのポイントや、おすすめ商品15選をご紹介♪キッチンゴミ箱の見直しを考えている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

おすすめの置き場所はココ!

シンク下

シンク下は、ゴミ箱を隠してスッキリ見せてくれる置き場所。最もゴミが出る調理中にサッと捨てられるので、使い勝手も抜群なんです!さらにメリットなのが、キッチンの動線を崩さないということ。冷蔵庫へ食材を取りに行ったり、食器を出すのに歩くときも、ゴミ箱の存在が邪魔になりません。

引き出し内

シンク下と同じく、ゴミ箱を隠したい派におすすめの置き場所です。捨てる際に引き出しを開けるひと手間がかかるので、開け閉めの頻度が少ない缶やペットボルを入れる場所としておすすめ!においが漏れにくいというメリットもあります。

棚やラック

1人暮らしや賃貸の方は、限られたスペースの中でゴミ箱が邪魔になっていることが多いのではないでしょうか。生ゴミ、プラスチックゴミ、資源ごみと3種類はゴミが出るので、それらを横に並べているとかなりのスペースを取りますよね。棚やラックを使えば、2段目、3段目と重ねて収納できるのがメリットです。

すき間収納

細長いタイプのゴミ箱を選べば、冷蔵庫と食器棚の間など、普段はデッドスペースになっている場所を活用することができます。大きいゴミは入らないというデメリットはありますが、上手に使い分ければ使い勝手抜群!すき間にピッタリとフィットするよに、スペースを計算してからゴミ箱を選びましょう。

使い勝手が変わる!形にも注目

バケツ型

バケツ型のゴミ箱は、昔から使われている歴史のある形です。水色のプラスチック製だと業務用の印象がありますが、ブリキ製はレトロで可愛らしい雰囲気が人気。バケツのシルエットに似せて作った、ペダル式タイプもあります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS