ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

ピクニックバスケットの選び方

機能性

ピクニックやアウトドアと言っても、近くの公園に行って軽くするのか?ドライブ先でなのか?どれくらいの時間食事を運ぶのか?によって選ぶピクニックバスケットが変わりますよ。 たっぷりのものを運ぶにはラタン製のしっかりしているものを。食べるまでに数時間かかる時は保冷保温効果のあるものがいいですよ。ものを増やしたくない、収納がないと思う方は、使わない時は小さく折りたためるものもあります。グランピングなど優雅に楽しみたい方には、食器付きの本格的なものがあります。ご自分に合った機能のものを選びましょう。

まず考えるべきなのは、フタはついていた方がいいのか、いらないのかです。近場や車の移動の方はフタは必要ではないかもしれませんが、電車移動など外気に触れる時間が長い時には衛生面も考えてフタは必須ですよ。 バスケットの底の形も確認しておきましょう。基本的に平らなものが多いのですが、かわいらしいまるいフォルムのバスケットもありますよ。 見落としがちなのが、持ち手の形状や質感です。食事や飲み物を入れて運ぶので重たくなりがちです。手で持っての移動が多い方なら、持ち手にグリップのついたものや肩にかけられるもの、太い持ち手のものが安心です。

ピクニックバスケットの素材

ラタン

定番のラタンは、しなやかで丈夫なのに軽いという特徴があります。ものが引っかからないように内側に布がついているものやついていないもの、フタがついていたりついていなかったりと種類はさまざま。ピクニックといえば!のラタン製のバスケットは、持つだけで気分も雰囲気もアップ♪ しますよね。

プラスチック

何かと重くなりがちなピクニックには、軽いプラスチック製のピクニックバスケットもあります。価格も手頃なものが多く、汚れても簡単にふき取ることができますし、丸ごと水洗いできるので衛生的です。他のものに比べると耐久性は低いので、頻繁に使う方は他のものを選ぶといいですよ。

布と言っても、頒布素材のものからポリエステル生地のものまでさまざまあります。アウトドアで使うものなので、汚れを落とすことが簡単なポリエステル生地のものを選ぶといいですよ。キャンバス生地のものはしっかりして丈夫なものが多く高級感もあるので、選ばれる方は色やデザインで汚れの目立たなさそうなものを選ぶといいですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS