「オーガニックコーヒー」ってなに?意外と知らない定義と特徴

健康や美容ブーム、そして近年のコーヒーブームから注目されてきている「オーガニックコーヒー」。実はかなり厳しい規定があるのはご存知ですか?この記事では評価方法や日本での選び方をご紹介します。またおすすめのオーガニックコーヒーと、その淹れ方もまとめているのでぜひ参考にしてくださいね♪

2020年1月10日 更新

オーガニックコーヒーって?

野菜や加工食品だけでなく、近年ますます人気となり、扱うショップやカフェも増えている「オーガニックコーヒー」は、土台となる土から化学肥料や農薬を使わずに栽培し、人の体にも環境にもやさしい、自然の力をいかした栽培方法で育てられたコーヒー豆のことで、有機コーヒーとも呼ばれています。

オーガニックコーヒーの規定とは?

どんなものがオーガニックなの?

オーガニックコーヒーと普通のコーヒーとの違いは、栽培方法です。野菜などと同じで、農薬や化学肥料を使わず昔ながらの自然な栽培方法でできたコーヒー豆のことをオーガニックコーヒー、有機栽培コーヒーといいます。普通のコーヒー豆に比べて、価格が少し高くなります。

誰が「オーガニックコーヒー」と決めてるの?

国際機関のOCIA(国際有機農作物改良協会)や、アメリカの機関USDA(オーガニック認定全米統一基準)で認定されたものが、オーガニックコーヒーとして販売することを許されます。その基準はとても厳しく、過去3年以上に渡り農薬や殺虫剤、化学肥料などを使用していない土壌で栽培されたもの収穫後の加工まで合成添加物などを使わないことが認定されていなければなりません。

日本でのオーガニックコーヒー

日本では、より厳しい検査が行われています。現地の各農園がJAS(日本農林規格協会)の認定を受け、有機食品に関するJAS規格に適合した生産が行われているか、検査を受けなくてはいけません。また焙煎や販売に関しても、検査を受け認定される必要があります。 その認定を受けたオーガニックコーヒーは「有機JASマーク」がついているので、購入する際はこのマークがついているか確認しましょう。

認定を受けてないとオーガニックじゃないの?

「オーガニックコーヒー」とラベル表示ができるのは、「オーガニック認定機関」で栽培から加工まで認定を受けたものということになっていますが、認定は受けていなくても、科学肥料などを使わずにオーガニック栽培で育てているコーヒー農園もあるのが実情です。

オーガニックコーヒーの味は?

オーガニックコーヒーも普通のコーヒーと同様に、産地やブレンドによって味が変わります。コーヒー豆はもちろん、インスタントやコーヒーマシンに使用するカプセルでもオーガニックコーヒーが販売されているので、いろいろ試してみるといいですよ! オーガニックコーヒーとして販売されているインスタントやカプセル、コーヒー豆をご紹介します。おいしい淹れ方も参考にしてみてくださいね。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS