「オーガニックコーヒー」ってなに?意外と知らない定義と特徴

カフェが人気となり、ますますコーヒーが身近になった今、健康や美容の為にとオーガニック食品が注目され、「オーガニックコーヒー」にも注目が集まっています。今回は知っておくと役立つ「オーガニックコーヒ」について、ご紹介します!

オーガニックコーヒーって?

野菜や加工食品だけでなく、近年ますます人気となり、扱うショップやカフェも増えている「オーガニックコーヒー」は、土台となる土から化学肥料や農薬を使わずに栽培し、人の体にも環境にも優しい、自然の力をいかした栽培方法で育てられたコーヒー豆のことで、有機コーヒーとも呼ばれています。

オーガニックコーヒーの規定とは?

どんなものがオーガニックなの?

化学肥料や農薬を使わなければオーガニックコーヒーなの?と単純に思ってしまうかもしれませんが、「オーガニックコーヒー」と明記するためには、過去3年以上に渡り農薬などが不使用の畑で栽培され、収穫後の加工まで合成添加物などを使わないことが認定されていなけばなりません。

誰が「オーガニックコーヒー」と決めてるの?

「オーガニックコーヒー」のチェック・認定を行っているのが「オーガニック認定機関」です。日本国内では日本農林規格がより厳しく審査を行っており、有機加工食品の認定も必要となります。認定事業者が製造販売したコーヒーだけに「有機JASマーク」が表示されます。

認定を受けてないとオーガニックじゃないの?

「オーガニックコーヒー」とラベル表示ができるのは、「オーガニック認定機関」で栽培から加工まで認定を受けたものということになっていますが、認定は受けていなくても、科学肥料などを使わずにオーガニック栽培で育てているコーヒー農園もあるのが実情です。

オーガニックコーヒーの味は?

オーガニックコーヒーは、科学肥料や農薬を使わずに生産・加工されているので安心して飲める利点がありますが、味までもがおいしい!と認定されたわけではありません。

オーガニックコーヒーといってもさまざまな種類がありますし、個人の好みもあります。続いては、初めての方にもおすすめのオーガニックコーヒーブランドをご紹介します。

手軽に飲めておすすめ!オーガニックコーヒーブランド3選

1. ムソー

オーガニックやナチュラル食品の開発や販売をしている「ムソー株式会社」の、「オーガニック珈琲」シリーズは、有機JAS認定の商品となっています。

コロンビア産のオーガニックアラピカ種のコーヒー豆を使った「有機コロンビアコーヒー オーガニックインスタント珈琲」は、お湯を注ぐだけで豊かな香りとクセのないコーヒーの味が楽しめます。

2. マウントハーゲン

ドイツ発の「マウントハーゲン」は、日本においても有機JAS認定を受けている、ヨーロッパでメジャーなオーガニックコーヒーブランドです。

ドリップからインスタント、そしてカフェインレスタイプまで、豊かな香りとコクが楽しめるとリピーターが絶えません。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mimi212

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう