冷凍した豚肉の解凍方法!時短ワザなど様々な方法をお伝えします♪

豚肉の冷凍保存は、品質を保つためにもはや必須の保存法ですよね。そんな冷凍の豚肉を解凍するにはどのような方法があるのでしょうか?実はおいしさを保って解凍するコツがあるんです。解凍方法によって違うメリットやデメリットも含めてお教えします。

2018年12月4日 更新

冷凍した豚肉はどれくらい持つ?形状によって違う賞味期限

一般的に冷凍した豚肉の賞味期限は2週間~1か月と言われています。豚肉の形状により、おいしく食べられる期間が決まってくるんですよ。空気が触れる部分が多ければ多いほど酸化が進みやすく、冷凍庫で保存したとしても味や品質の劣化も進みやすいんです。

いろんな形状の中でもミンチ肉が一番表面積が多くなるため一番日持ちがしにくく、冷凍しても2週間ほどで食べ切るのがよいでしょう。次いで薄切り肉は2〜3週間、ステーキやトンカツ用などの厚切り肉は3週間ほどがおいしく食べられる期間です。ブロック状は表面積が少ないので1か月ほど持ちます。

いずれにしてもラップなどで空気が入らないようにきちんと包まれていることが条件。ラップで包んだあとは、ジップつきバッグなどに入れてできるだけ空気に触れないようにして冷凍庫へ入れましょう。

また一度解凍した肉はどうしても鮮度が落ちるため、再度冷凍することは避けてください。食べ切れない量であれば使う分だけ切り分けて解凍して残りは冷凍しておくのがよいでしょう。

楽ちんお手軽!レンジで解凍

時間のない時に便利な方法が、レンジでの解凍。いずれの形状であってもラップをはずし、お皿にキッチンペーパーを敷いてお肉をのせ、150Wの電子レンジで1分加熱しましょう。足りないようであれば更に1分加熱して様子をみてください。量が多い場合は100gに対し1分の加熱と考えてよいでしょう。途中でレンジを開け、上下を返すことで加熱ムラを防ぐことができます。こまめに肉の状態をチェックしながら解凍してください。

冷凍庫から取り出して数分で解凍できる手軽さが最大のメリットですが、急激な温度変化により肉の水分がドリップとなって流れ出しやすいのがデメリットでもあります。

解凍モードのついているレンジの場合は解凍モードで。ブロック肉を切る場合などは半解凍の状態の方が切りやすいこともあるほか、流れ出るドリップも少なく済みますよ。

数分で肉が柔らかく!フライパンで解凍

フライパンで肉が解凍できることを知っていましたか?水70mlほどをフライパンに入れ、冷凍した肉をジップつきバッグのまま投入します。そのまま強火で3~4分加熱し、火を止めて余熱で1分ほど解かしましょう。

こちらも数分で解凍できるという手早さが魅力ですが、肉の形状によっては火が通り過ぎてしまうこともあるのが難点。また温度変化も激しいので、ドリップが流れ出やすくなります。

おいしさはNo.1!冷蔵庫で解凍

できるかぎり温度変化のない場所で解凍をするのがおいしく解凍するコツ。冷蔵庫に入れてゆっくり解凍をすると、肉の旨味を残すことができます。キッチンペーパーを敷いた皿に肉を乗せ、冷蔵庫へ。チルド室があればチルド室に入れるとなおよいでしょう。

なるべくゆっくりと解凍することで、ドリップの流出を少なくすることができます。半日〜1日と、解凍には時間を要するので時間のない時は難しいですが、使う前日から冷蔵庫にいれておけば調理する際に使えますよ。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

uni0426

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう