カイエンペッパーとは?他の香辛料との違いや効果が知りたい!

カイエンペッパーというと聞いたことのあるスパイスですよね。唐辛子だとは分かっているのですが、どんな種類のものなのか気になったことはありませんか。チリペッパーとの違いやどんな料理に合うのかなど、おすすめのレシピ5選とあわせてご紹介します。

2018年10月19日 更新

カイエンペッパーの特徴と人気レシピ5選

唐辛子を乾燥させて作る香辛料「カイエンペッパー」は、普段から料理をする方なら誰もが知っているであろう調味料。ではカイエンペッパーとはどんな種類の唐辛子で作るのでしょうか。ほかにもチリペッパーやレッドペッパーと呼ばれるものがあるけど、それらとどう違うの?

そんなあなたの疑問に答えるために、カイエンペッパーの由来や特徴、ほかの香辛料とどう違うのかを調べてみました。またどんな料理があるのかや、おすすめのレシピ5選もあわせてご紹介します。

カイエンペッパーとはどんなもの?

完熟した赤唐辛子の実を乾燥させた、強い辛みのある香辛料のことを「カイエンペッパー」といいます。粉末状になったものだけと思っている人も多いですが、そのままの形でもカイエンペッパーと呼ぶのが一般的です。

また唐辛子のなかに、カイエンペッパーという特定の品種があるわけではありません。細長い形をした赤い完熟唐辛子の総称で、独特の風味と辛さを持ち、香辛料として利用される赤唐辛子すべてをカイエンペッパーと呼びます。

名前の由来は、南米にあるフランスの海外県「フランス領ギアナ」で栽培されていたことから、その県都カイエンヌから来ているといわれますが、なぜそう呼ばれるようになったかは定かではありません。

チリペッパーと具体的にどう違う?

カイエンのほかに「チリペッパー」もよく耳にしますが、どんな違いがあるのでしょうか。じつは……どちらも英語で日本の唐辛子のことを表す言葉で、同じスパイスの別名なんですね。

ちなみに唐辛子のなかにはピーマンやししとうなどの辛くない品種もありますが、唐辛子といえば辛いもの指すのが一般的で、それら辛さのある唐辛子すべてをチリペッパーと呼びます。

カイエンとレッドペッパーは同じ!?

乾燥させたものと焙煎したものを混ぜた赤唐辛子をレッドペッパーと呼んで、チリやカイエンと区別しているメーカーもありますが、それはあくまで商品名のことです。レッドペッパーはその名のとおり赤唐辛子のことで、カイエンペッパーとは同じもの!

有名なハラペーニョや柚子胡椒の材料など、熟していない青唐辛子で辛いものもありますが、それらを含めてチリペッパーがすべての辛い唐辛子、カイエンとレッドが赤唐辛子と覚えておくといいですね♪
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう