日本酒好きならこだわりたい!素材で選ぶおすすめの有名酒器12選

いまや和食とともに海外でも注目を浴びる日本酒は、外国人にも年々ファンが増えているそうですよ。そんなお酒も飲む器ひとつで味も変わるといわれています。使ってみたい酒器の種類やどんな器がいいのか、あわせて素材ごとに人気の酒器12選もご紹介します。

2018年6月7日 更新

おしゃれな酒器で晩酌を

寒い冬に燗をして飲むというイメージの強い日本酒も、いまでは季節を問わずいろんな種類があります。白ワインのようにフルーティーな香りのお酒も人気で、外国人だけでなく女性にもたいへん人気です。

ところでお酒を飲むときの器にこだわっていますか?お酒の味だけでなく、器によっても香りや味わいに変化があるものです。酒器の種類やどんな大きさと形がいいのかを紹介するとともに、素材ごとにおすすめの酒器12品を選んでみましたので、ぜひ参考にしてください。

酒器にはどんな種類がある?

猪口

猪口(ちょこ)の語源は昔の中国や朝鮮で、水や酒の器を「チョンク」と呼んだことに由来するとされ、一方では安直を表現する「直(ちょく)」や、「ちょっと」という意味が転じたともいわれます。

本来は少量の料理を盛りつける器だったのですが、江戸時代からお酒用の器として使われはじめ、一度で飲み干せるサイズが特徴です。そのために燗したお酒を少しずつ飲むのに最適な器で、いまでも好んで用いられます。

ぐい飲み

猪口よりも大きいものを「ぐい飲み」と呼び、その名の通りぐいぐいと飲めることから大ぶりのものをそう呼びます。サイズに明確な決まりはありませんが、猪口より深さがあって大きめの器から、小さな湯吞み茶碗くらいまでのものが一般的ですね。

燗酒に適した猪口に比べて香りが立ちやすいので、ぬる燗や常温のお酒を飲むのに適しています。いまでは猪口よりもこちらのほうが好まれ、日本酒好きに一番人気の器です
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう