日本酒好きならこだわりたい!素材で選ぶおすすめの有名酒器12選

いまや和食とともに海外でも注目を浴びる日本酒は、外国人にも年々ファンが増えているそうですよ。そんなお酒も飲む器ひとつで味も変わるといわれています。使ってみたい酒器の種類やどんな器がいいのか、あわせて素材ごとに人気の酒器12選もご紹介します。

おしゃれな酒器で晩酌を

寒い冬に燗をして飲むというイメージの強い日本酒も、いまでは季節を問わずいろんな種類があります。白ワインのようにフルーティーな香りのお酒も人気で、外国人だけでなく女性にもたいへん人気です。

ところでお酒を飲むときの器にこだわっていますか?お酒の味だけでなく、器によっても香りや味わいに変化があるものです。酒器の種類やどんな大きさと形がいいのかを紹介するとともに、素材ごとにおすすめの酒器12品を選んでみましたので、ぜひ参考にしてください。

酒器にはどんな種類がある?

猪口

猪口(ちょこ)の語源は昔の中国や朝鮮で、水や酒の器を「チョンク」と呼んだことに由来するとされ、一方では安直を表現する「直(ちょく)」や、「ちょっと」という意味が転じたともいわれます。

本来は少量の料理を盛りつける器だったのですが、江戸時代からお酒用の器として使われはじめ、ひとくちで飲み干せる小さなサイズが特徴です。そのために燗したお酒を少しずつ飲むのに最適な器で、いまでも好んで用いられます。

ぐい飲み

猪口よりも大きい酒器を「ぐい飲み」と呼び、その名の通りぐいぐいと飲めることから大ぶりのものをそう呼びます。ぐい飲みのサイズに特に決まりはありませんが、猪口より深さがあって大きめの器から、小さな湯吞み茶碗くらいまでのものが一般的ですね。

燗酒に適した猪口に比べて香りが立ちやすいので、ぬる燗や常温のお酒を飲むのに適しています。いまでは猪口よりもこちらのほうが好まれ、日本酒好きに一番人気の器です

徳利

陶器製の徳利(とっくり)は昔からお酒だけでなく醤油や油などを入れる器として利用され、小さなものから1升(1,800ml)入る大きさのものまでありました。いまはお酒を注ぐ器として1合から2合(180~360ml)入りの徳利が主流です。

首が細くなった独特の形状が特徴で、注いだときに「トクトク」と音がすることから呼び名がついたという説もあります。お酒を注ぐ容器としてもっともポピュラーな酒器です。

片口

片口(かたくち)とは口縁部の片側に注ぎ口がある酒器のことで、古くは縄文土器や弥生土器にも見られるポピュラーな形状の器です。昔から主に水などの液体を注ぐための容器として用いられ、いまではお酒を注ぐ器としても利用されています。

口径が広くフタがついていないため、燗したお酒は徳利と比べて冷めやすいのでやや不向きですね。香りのいいお酒を常温で飲むのに適した器で、冷酒用の器としても人気がありますよ。

酒器を選ぶポイント

容量

お酒をおいしく飲むためには器の大小や容量がポイントになります。常温のお酒を飲むときにはそれほど気にする必要はありませんが、温かい燗酒やよく冷やした冷酒は時間経過とともに味も変化しますので注意が必要です。

特に燗をしたお酒は冷めるとアルコールが飛んでしまい、味もがらっと変わっておいしくありません。早めに飲み切れる猪口が最適ですし、冷酒の場合も小さめのぐい飲みやグラスがおすすめですね。

口径

お酒の味わいにおいては器の口径も大事な要素です。口径が大きいとお酒の表面積が広くなり香りが立ちやすく、逆に小さいと立ちにくくなります。フルーティーな香りを楽しみたい常温のお酒や、低温で揮発しにくい冷酒などには口が広い器がおすすめです。

一方、高温で揮発性が高く香りも強い燗酒や、常温のお酒でも香りがやや苦手で、飲み口と味わいを優先して楽しみたい人には、口径が小さくすぼんだ形の器をおすすめします。

素材

日本酒といえば陶器の徳利と猪口というイメージが強いですが、いまではいろんな素材の器が出回っていて、お酒によって使い分ける人も多くいるようです。

ガラス製や金属製の器は口当たりが冷たく、きりりと冷えた冷酒や常温のお酒に適しています。熱燗にはやはり温かみのある陶器が一番人気で、無垢の木製の器は樽酒のような香りと味を楽しめると評判。口当たりがよく高級感あふれる漆塗りも定評のあるお酒の器ですね。

ガラス製のおすすめ商品3選

1. 東洋佐々木ガラス「招福杯 富士山 冷酒杯揃え」

特集一覧

SPECIAL CONTENTS