学名:玉筋魚!「小女子」の読み方にはロリコンフィルターがかかっていた

スーパーでよく見かける栄養満点の小魚。パッケージには「小女子」と書かれているけど読み方はなんて読むの?実はひと口に小魚といっても、その種類は小女子以外にもたくさんあるようです。今回は、そんな謎の小魚「小女子」についてまとめてみました。

小女子、読み方わかる?

「小女子」と書いて、なんと読むかご存知ですか?小さい女子(おなご)……なんだか、かわいらしい名前ですよね。ご飯やお茶漬け、おにぎりやパスタの具材など、日頃からなじみのある方も多いのでは?

旬の時期にはスーパーでも目にする、日本人には馴染み深い小魚。そんな小女子について、今回はまとめてみました。小女子とはどんな魚?名前の由来は?気になる味は?そして小女子を使ったおすすめのレシピまで一挙ご紹介します。

読み方は「こうなご」

小女子の学名は実は「玉筋魚(いかなご)」です。そんな玉筋魚が、小女子(こうなご)と呼ばれるようになったのにはいくつかの説があるようです。

まずその姿がとても小さく女の子のようにかわいらしいことからこのように呼ぶようになったという説。そして、ある殿様が「この魚はなんだ?」と尋ねたところ、何の子ども(稚魚)か分からず、いかなこ(如何なる魚の子)と言ったのを聞き間違えたことから、「こうなご」呼ばれるようになったという説もあるようです。いづれも本当のところは分かっていないようです。

小女子(こうなご)とは?

別名=玉筋魚(イカナゴ)と呼ばれていている小女子(こうなご)ですが、イカナゴはイカナゴ科の魚類で、北日本沿岸部、瀬戸内海、太平洋沿岸など日本各地に生息しています。

イカナゴは、全国に分布するためその呼び方もさまざま。イカナゴの稚魚を小女子(こうなご)と呼びますが、これは主に東日本での呼び方です。西日本では”新子(しんこ)”もしくはイカナゴと呼んでいて、稚魚が1~2cmほどに成長すると”ちりめんじゃこ”と呼ばれます。

さらに成長して成魚になると全長20~30cmほどになって北海道では大女子(おおなご)、東北では女郎人(めろうど)、西日本では古背(ふるせ)、加末須古(かますご)、金釘(かなぎ)と呼び方が地方によって異なります。

3月に漁が解禁になるため、3中旬頃~4月にかけてにピークを迎えます。獲れたては生で食べることができますが、くぎ煮、釜揚げ、乾燥させてちりめんなどに加工して食べられることがほとんどです。

こうなごとしらすの違い

しらすは主に真イワシ、片口イワシ、ウルメイワシなど、体に色素がなく白い稚魚の総称を”しらす”と言います。一方で、小女子はイカナゴの稚魚でスズキ科。脂肪分が多いため黄色がかかった体が特徴です。

見た目も、しらすは顔が丸いのに対して、小女子は鋭く尖っています。このようにしらすとこうなごは似ているようですが、まったく別物なんです。ちなみに、ちりめんじゃこは、しらすをさらに長い時間、乾燥させたものですよ。

気になるこうなごの味は?

小女子は、しらすと比べると油分が多いため味がしっかりとしていて魚ならではの香りが強いのが特徴。赤腹の小女子は、エビのプランクトンを食べて育つため、濃厚で上質な味がすると言われています。魚が好きな方は、しらすより小女子の方が好まれる方も多いようです。
▼さらに詳しく!しらすとちりめんじゃことの違い

小女子のオススメレシピ

1. ご飯のお供にピッタリ「小女子とクルミの佃煮」

干した小女子とクルミをフライパンで炒って、甘辛く味付けをすればできあがり。小女子はカリカリに仕上げるのがポイントです。ご飯のお供に、お酒のおつまみにもピッタリ。旬の時期には生の小女子を使用してもいいですね。保存もきくので、常備菜としてもおすすめです。

2. ご自宅で手づくりもできる「小女子の釜揚げ」

春になると旬をむかえる小女子。スーパーでは生の小女子が出まわります。生の小女子が手に入ったら、釜揚げにするのがおすすめ!たっぷりの熱湯に塩を入れてサッと湯がけばOKです。釜揚げはお豆腐にトッピングしてもおいしいですし、お野菜と和えて副菜にしてもおいしいですよ。

3. サクサク感がたまらない!「こうなごのかき揚げ」

小女子と玉ねぎをかき揚げにしてサクサクといただくのもおすすめです。小女子は、サッと湯通しすることでよけいな塩分もなくなりますし、生臭さも消えるので、ぜひひと手間加えてから調理してくださいね。かき揚げは、さっぱりとお塩やめんつゆで食べるのがおすすめです。

小女子を通販で買ってみよう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

Ricca_ricca

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう