パリジャン

バゲットに比べて、太く長いパリジャン。名前には、「パリっ子」という意味があります。こちらも、バゲットによく似ている見た目ですね。5本から6本の切れ目が特徴で、食感がバゲットよりも強いんですよ。

クープ

フランス語で「切られた」という意味があるクープ。その名の通り、中心部分に1本の切れ込みが入っています。紡錘形という、先端のすぼまったラグビーボールのような形が特徴です。日本では「クーぺ」「クッペ」と呼ばれることもあります。

フィセル

生地はバゲットと同じで、フランス語で「紐」という意味があるフィセル。紐のように長いことから、その名が付けられました。見た目はバゲットと変わりませんが、大きな違いは食感。フィセルは比較的やわらかく、サンドイッチに使用されることが多いです。

カンパーニュ

フランス語で「田舎」を意味するカンパーニュ。名前の通り、もとはパリ周辺にある田舎で作られていました。ドームのように丸みを帯びていて、ずっしりとした重みが特徴です。カンパーニュの生地にチーズやドライフルーツを加えたものも、人気ですよね。

ブール

ボールのような形をしたフランスパン。カンパーニュよりも小さめのパンで、表面部分にはクロス状のカットが入っているものが一般的です。その見た目から、フランス語で「ボール」という意味があります。

エピ

もっとも形が特徴的なのは、こちらではないでしょうか。エピにはフランス語で「麦の穂」という意味があります。見た目が麦の穂に似ていることから、このようなネーミングになったとか。バゲットの生地に斜めに深い切れ目を入れ、焼き上げられています。ベーコンやえび、チーズなどを入れたものも一般的ですね。
Photos:7枚
カッティングボードの上にのったバタール
台に並べられた4本のパリジャン
木製のボードに並べられた3本のクープ
緑の植物が添えられた3本のフィセル
布の上に置かれたカンパーニュ
ワックスシートの上に並べられた2つのブール
丸いお皿の上に置かれたエピ3つ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ