並んでも食べたい!シェイクシャック恵比寿店の特徴や絶品メニューを紹介

いつ見ても行列の絶えないシェイクシャック。人気のハンバーガーをあなたはもう食べましたか?日本に上陸してからどんどん店舗が増え、その勢いはまだまだ衰えない人気店です。この記事ではアトレ恵比寿店の特徴と、店舗限定のメニューについてご紹介します!

2019年10月27日 更新

ライター : ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも大好きです。母になっても好奇心を大切にしていきたいと常々思っています。みんながハッピーになれるグルメ情報が…もっとみる

ニューヨーク発のハンバーガーショップ!

ニューヨーカーが並んでも食べたいハンバーガーショップ、シェイクシャック。 イギリス、ロシア、中東など、世界各国に出店している人気店で、日本では2015年に外苑前いちょう並木店から始まり、現在は有楽町、恵比寿、新宿に4店舗がオープンしています。2020年までに10店舗まで増える予定なのだとか。 2001年に、ニューヨークで1台のホットドックカートから始まったというシェイクシャック。素材に強いこだわりを持ち、ハンバーガーはもちろん、原点であるホットドックやフローズンカスタード、ワインにビールも楽しむことができるお店です。

アトレ恵比寿店について

アトレ恵比寿店は外苑前いちょう並木店に続く、シェイクシャック日本2号店。恵比寿駅隣接のアトレ恵比寿西館にあります。恵比寿店のコンセプトは、夜でも多くの人が行き交う恵比寿の街に合わせ、気軽に一杯楽しめるような雰囲気になっているのだとか。恵比寿らしい大人のスタイリッシュな店内で、ハンバーガーを楽しむことができます。

内観

恵比寿店はアトレ内にあるのでアクセスもよく、女性の店員さんも多いので買い物帰りに女性ひとりでも立ち寄りやすいお店です。木目調のインテリアと植物が癒しの空間を作っていて、落ち着いて食事を楽しむことができます。  他店舗のようにテラス席はありませんが、お子様用のハイチェアもあるので、子連れでも訪れやすいですよ。

外観

アトレ恵比寿西館の1階にあり、ガラス張りでひと目でわかるお店です。とってもオシャレで、ついつい入りたくなってしまうような外観。一般的に思い浮かべるハンバーガーショップとはひと味違った大人の雰囲気漂うお店です。 ちなみに、アトレ恵比寿には西館と東館があり、シェイクシャックが入っているのは西館の方なのでご注意くださいね。

シェイクシャックの注文方法

シェイクシャックは日本のハンバーガー店のようにセット商品などはないので、単品で食べたいものを頼みます。食べ物はハンバーガー、ホットドッグ、ポテトフライ、飲み物にはシェイクやレモネード、ビールにワインもあります。おまけに、犬用のビスケットも用意してありますよ!犬を飼っている方は、散歩ついでについつい立ち寄りたくなってしまいますね。 また、お好みに合わせてバーガーをカスタマイズすることができ、レタス、トマト、オニオン、ピクルスについては無料で増減が可能です。さらに、有料でパティやベーコン、チーズソースを追加することもでき、逆に苦手な具材やソースを抜いてもらえるのもうれしいポイント。メニューを頼んだらできあがるまでフードコートなどでよく見かける端末を渡されるので、ぶるぶる鳴るのを待ってくださいね♩

おすすめメニュー4選

1. シャックバーガー

まずは定番のシャックバーガー。チーズバーガーにレタス、トマト、そして特製のシャックソースがかかったハンバーガー。噛んだ瞬間、主役のパティの味が口いっぱいに広がり、野菜とのバランスもたまりません。ボリュームたっぷりで食べにくいのかと思いきや、バンズが奥でつながっているので、コンパクトにまとまっていて食べやすいですよ♩
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS