おいしいの?体の4割は脂「アブラボウズ」の刺身の味とは?

「アブラボウズ」って聞いたことはありますか?刺身にして食べることもあるようなんですが、一体どんな魚かご存じですか?名前の由来や刺身の食べ方、アブラボウズの味まで、今回はアブラボウズについてご紹介。機会があればぜひ食べて見てくださいね。

2017年8月26日 更新

刺身がおいしい!? アブラボウズ

白身魚のトロと言われる

アブラボウズは刺身でも食べることができ「白身のトロ」と呼ばれるほどで、多くの脂分が感じられます。舌触りはトロリとしていますが、繊維質がしっかりあるので、マグロのトロと言うよりもブリのカマトロの部分の食感に近いようです。

脂がこってりとしていてもおいしい甘みがあるため、ペロッと一気に食べてしまう人も。特に、秋から冬のアブラボウズは、特に脂がのっていておいしいといいます。ギンダラにも近い味なのだとか。

お腹を壊すって本当?

刺身がおいしいと言われるアブラボウズですが「食べるとお腹を壊す」とも言われています。

何度も言うように脂ボウズは脂がかなり多いため、食べ過ぎはお腹を壊す原因があり注意が必要のようですよ。煮物にした場合には脂が適度に落ちると思いますが、刺身の場合はダイレクトに口に入ります。もしアブラボウズの刺身を食べる際にはくれぐれも注意してくださいね。

おしつけの別名の理由

このアブラボウズには「おしつけ」という別名があります。

「おしつけ」というのは御殿女中の使った言葉で「毒見をすること」。脂が多すぎてお腹を壊しやすいため、お殿様に出す前に毒見をしたところからついたのではないか、と言われています。神奈川県の小田原市では今でも「おしつけ」と呼ぶ人もいるようですよ。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう