一ヶ月の食費を1万円に抑えるためのコツ

基本は自炊

食費を抑えるためにもっとも重要なのは、自炊です。基本的にはできる限りの自炊をして、食材を上手に使うようにしていきましょう。自炊をすることでカサ増し料理なども作れるようになり、リーズナブルにお腹を満たす食事ができますよ。

スーパーで上手に食材を購入する

スーパーに買い出しに出かけた際には、上手にお買い物をしましょう。できるだけ旬のものを選ぶことや、安いものをまとめ買いするのも良い方法です。安売りしているお肉などを購入し、小分けにして冷凍保存をしておくと効率が良いですね。

一週間ごとに冷蔵庫を空っぽにする

平日は時間がなく、週末にまとめ買いをするという方も多いと思います。その場合には、一週間で食べきれる量を目安に買いましょう。こうすることで、食材の無駄買いを防ぐことにつながります。

コンビニはNG!100均を上手に活用

コンビニはとても便利ですが、割高な価格設定になっています。代わりに、100円ショップを活用するとGood。調味料やそのほか麺類など、ちょうどいいサイズのものが豊富に揃っています。見たことない方は、一度チェックしてみてくださいね。

どこに行くにもマイ〇〇を持参

お弁当をはじめ、ドリンクについてもマイボトルを持参し、職場や出先ではできるだけ買わないように工夫しましょう。コンビニやファストフード店などを多用すると、それだけで食費がかさんでしまいますよ。

自炊にぴったりな節約食材

もやし

もやしはヘルシーなので、たくさん食べてもカロリーの摂りすぎを心配する必要がありません。カサ増し料理はもちろん、麺の代わりにたっぷりのもやしを食べるのもおすすめです。調理法がたくさんあるのも良いですね!
▼もやしのレシピはこちらをチェック♩
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ