スイカ大福は夏のおやつにぴったり!

今では、いちご大福はとてもポピュラーな和スイーツとして知られていますが、フルーツを使った大福はいちごだけじゃないんです。大阪にある一心堂では、白桃、キウイ、パイナップル、メロン、マンゴーなど、季節の果物をふんだんに使った「フルーツ大福」が大人気なんです。 今回は一心堂の数あるフルーツ大福の中から、夏にぴったりジューシーな「スイカ大福」をご紹介します。

SNSでも注目の的に!

夏の風物詩でもあるスイカ。夏になるとスイカを口にする方も多いのではないでしょうか。そんなジューシーなスイカを使ったスイカ大福が販売されていることをご存知でしょうか。
ツイッターでは一心堂のスイカ大福を絶賛する声がたくさん上がっています。「おいしすぎてヤバい」「とにかくうまい」など、上手く表現できなくなってしまうほどおいしいようです。

フルーツ大福の名店 大阪「一心堂」

南海高野線「萩原天神」駅から徒歩5分。大阪堺市にある一心堂は、ジューシーで煌びやかなフルーツ大福が購入できる人気の和菓子屋さんです。小豆やもち米、水、卵から砂糖にまでこだわり、添加物はほとんど使われていないんです。毎日コツコツと手間ひまかけてひとつひとつ丁寧に作られているんですね。

果汁たっぷり!スイカ大福

5個入り 1,404 円(税込)

スイカ大福は、完熟スイカを贅沢な大きさに切り、柔らかな白あんとお餅で包み込んだものです。白あんには北海道産の上質な手ぼう豆が使われているので、風味がよく、まろやかで、お口の中でとろけていくような感じなんだそうです。スイカのジューシーでしたたるような果汁と、爽やかな甘みが特徴です。
果物の旬とフルーツ大福の旬はちょっと違うようです。スイカは夏が旬ですが、スイカ大福の販売期間は2月から9月です。日本全国から厳選された、その季節でイチバンおいしいスイカを使い、贅沢なスイカ大福になるんですね。
あまりのみずみずしさに、ネットでは「餡が入っているのに爽やかでいくつでも食べられそう」とか「いろいろなフルーツ大福を食べたが、一心堂のスイカ大福がイチバンおいしい」なんて感想が上がっています。まさに絶品。食べなきゃ損です。

フルーツ大福はほかにも!

パイナップル大福

1年を通して販売されているパイナップル大福には完熟パインが使われているので、果汁がしたたるほどジューシーで、南国の強い甘みとさっぱりした酸味があります。大福の柔らかい食感と白あんとパイナップルの酸味のバランスが絶妙なんです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ