4. 老若男女に人気の洋食店「グリルカジン」

Photo by 戸田千文

男女や世代を問わず愛される洋食店は、ひとつ知っておくと何かと便利です。天神周辺のおすすめは「Grill Kajin(グリルカジン)」。

天神西通り沿い、岩田屋本館の向かいにあるため、ショッピングの途中に立ち寄るのにぴったりな立地です。お店は雑居ビルの5階。ビルの1階にはもつ鍋の人気店「楽天地」があるので、目印に向かうと良いでしょう。

ハンバーグやオムレツライス、カレー、ハヤシライスなど誰もが馴染みのある人気メニューが並び、ひとりランチはもちろん、友達同士やカップル、ファミリーまで幅広く利用できるのがうれしいですね。

オムレツライス

Photo by 戸田千文

S(小盛)990円、M (標準)1,100円、L(大盛)1,320円(いずれも税込) 写真はS(小盛)
定番の人気メニューに迷ってしまいますが、一押しは名物の「オムレツライス」です。ふっくら焼かれたオムレツは、ナイフで切り込みを入れるととろ〜と広がり、見ているだけで食欲をそそります。デミグラスソースは、牛肉やきのこのうま味がたっぷり詰まって芳醇。

サイズがSMLから選べるので、ご年配の方やお子さま、量を控えたい方はSサイズ、しっかり食べてエネルギーチャージしたいときはLサイズと選べるのもありがたいですね。
店舗情報

5. お気に入りのスプーンを選んで「3SPOONカレー」

Photo by 戸田千文

2020年、大名エリアにオープンした「3SPOONカレー」。お店があるのは、養巴(ようは)ビルという古いアパートです。はじめて訪れる方はちょっぴり不安になるかもしれません。まず通路を奥へ進んだら、階段を登って2階へ。左に続く廊下へ進むとかわいい木目調の扉が迎えてくれます。

メニューをオーダーすると、店員さんが持ってきてくれるのは3つのスプーン。丸みがある木製のものや、女性の口にぴったりな小ぶりサイズのもの、アンティークな雰囲気がかわいいものとさまざまです。お好みのスプーンを選んで食事を楽しみましょう。

チーズカレー

Photo by 戸田千文

800円(税込)
いただけるのは、鶏白湯とアゴ(飛び魚)出汁が使われた出汁カレー。リーズナブルな「チーズカレー」は、コクとうま味がしっかり楽しめるまろやかなカレーです。半熟卵やチーズのほか、別添えの自家製ヨーグルトソースを加えて、ひと口ごとに味の変化を楽しんで。

スパイスはやや控えめですが、テーブルにはガムラマサラやチリパウダーなどが置いてあるので、自分で調整できるのもうれしいポイントです。
店舗情報

6. ボリューム満点なカツ丼専門店「わか葉別館」

Photo by 戸田千文

がっつりランチを食べたいなら「わか葉別館」はいかがでしょう。人気トンカツ店「わか葉」の姉妹店のカツ丼専門店です。国体道路沿いにあり、天神南駅、天神駅、福岡(天神)駅からのアクセスも良好。ランチタイムはビジネスマンを中心ににぎわいます。

注文は食券制。定番の「かつ玉丼」のほか、しそワサビやメンチカツなど、いろんな組み合わせのバラエティ豊富なカツ丼が味わえるのが魅力です。

かつ玉丼

Photo by 戸田千文

1,000円(税込)
カツ丼専門店だけあって、さまざまなカツ丼が提供されていますが、まずはシンプルな「かつ玉丼」をチョイス。わか葉別館のカツ丼は、ごはんの上にとろとろ卵、その上にカリッとジューシーにあげたトンカツがのったスタイルです。

椀の蓋部分を皿にして、はみ出るトンカツをいったん避難させ、ごはんと卵、カツをバランス良くいただきましょう。甘辛いタレが食欲を沸き立ててどんどん箸が進みます。ごはんは少なめが選べるのもうれしいですね。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ