3位 味の浜藤

大正14年創業の老舗のお惣菜屋さんです。合成保存料、合成着色料、化学調味料を一切を使用しないというこだわりと、代々受け継がれてきた伝統の技により、長年愛され続けている人気店。複数のショップブランドを持っており、全国の百貨店や駅内に店舗を設けています。

もろこし揚げ

324円
第3位には、白身魚のすり身とスーパースイートコーンを合わせて油で揚げた「もろこし揚げ」がランクイン。おやつ感覚で食べられるので小さなお子様に特に人気の商品だそうです。お酒のおつまみにもおすすめ。
すり身30gに対してコーンが70gと、ゴロゴロ食感が楽しいやみつきになるひと品。通常のものよりも2倍以上糖度が高いと言われる「スーパーコーン」を使用しているそうで、自然な甘みが魚のすり身と絶妙にマッチしています。ケチャップをつけても美味!

2位 いもたまや

関西、関東圏の百貨店を中心に17店舗を展開している「サラダカフェ」が、2017年3月、伊勢丹新宿店のデパ地下に「いもたまや」をオープンしました。じゃがいもとたまごを​メインの​素材とする和のおかず専門店で、江戸時代に流行した「百珍料理」をヒントにしたメニューがメインだそうです。

いももち

「いももち」は、北海道産のじゃがいもをつぶし、半熟の煮卵を包んで蒸し上げたひと品です。モチモチの食感と弾力のある歯ごたえがクセになる味わいだそうで、老若男女問わず大人気商品とのこと。どこか懐かしさも感じる素朴な味わいのお惣菜です。
じゃがいもでできた生地を割ると、まるでくす玉のように中から味付け煮卵が出てきます。表面はつるっもちっとしていて食べ応えもばっちり。ほかにも玉子焼きや、鰻出し巻き弁当などが人気だそうです。

1位 賛否両論 笠原商店

日本料理の巨匠・笠原将弘氏が手掛ける人気和食店「賛否両論」。そのお総菜専門店が2017年3月に伊勢丹新宿店にオープンし、早くも話題のお店となっています。本格的な創作和食が気軽に味わえると評判で、伊勢丹新宿店限定のショップです。

アボカドハンバーグ

891円
栄えある第1位にランクインしたのは、ハンバーグの中にアボカドが入ったとっても斬新なメニューです。ジューシーな牛肉のうま味とクリーミーなアボカドが見事に融合した女子受け抜群のひと品。ソースには八丁味噌をブレンドしているそうです。
予約の取れない名店の味が気軽に楽しめるということもあって、開店直後から大人気のお店です。特に「アボカドハンバーグ」は売り切れ必至のヒット商品とのことなので、営業時間早めに向かうのがベストだとか。

ITEM

「賛否両論」笠原将弘監修 白いごはんに合うお魚惣菜4種セット

¥3,780

内容量:鯖の西京味噌煮75g×2袋、 秋刀魚の梅煮120g×2袋、 めかじきの照り焼き山椒風味70g×2袋、 金目鯛の煮つけ75g×2袋

※2018年5月11日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS