一日1,000本売れるパンも!? 筑波「クーロンヌ」は激戦区屈指のベーカリー

人気情報番組『ヒルナンデス』で筑波にある「クーロンヌ」が紹介されました。「クーロンヌ」とは常時100種類以上ものパンを販売する大人気のベーカリーです。今回は筑波では有名なパン屋さん「クーロンヌつくば」について紹介いたします。

2018年9月4日 更新

売り場が混乱するほど話題に!

2017年3月2日。『ヒルナンデス』で「大ヨコハマトラベル茨城県つくば編」として「クーロンヌつくば」が紹介されました。つくばといえば学研都市というイメージがありますが、実は「パンの街」といわれるほどにパン屋さんが多い街なんです。

「クーロンヌ」が『ヒルナンデス』で紹介されて以降、売り場が混乱するほど話題になっているんです。

茨城筑波市「クーロンヌつくば」

人気のパン屋さん「クーロンヌつくば」は、たびたびメディアに取り上げられている話題のお店です。特に先日の『ヒルナンデス』で紹介されてからは、連日大行列で、店内は大混乱しています。
あまり広くない店内なので、入店できない人が入店待ちの行列を作ることもしばしば。朝は6時半から営業しているので、朝ご飯を求めてやって来る人もたくさんいます。

店内には常時100種類以上のパンが所せましと並び、次から次へとお客さんが入って来て、じっくり選んでいると焦りを感じてしまうほどです。店内で購入したパンは外のテラス席でいただくこともできます。コーヒーとカルピスはなんと無料。そんなうれしいサービスも人気の秘密なんでしょう。

一番人気は究極のソーセージフランス

250円(税別)

お店の一番人気は究極のソーセージフランス。ソーセージは豚肉100%で、カリッとしたフランスパンとジューシーなソーセージの相性はバツグンです。フランスパン生地に粒マスタードとソーセージが包まれているので、マスタードが効いてとっても美味。食べごたえも十分です。1日に1,000本売れる日だってあるんだそうです。
そして驚くことにソーセージの長さは40センチ!お店の方に言えばいくつにでもカットしてもらえるそうです。無料でいただけるコーヒーを飲みながらテラス席で焼き立てのソーセージフランスにかぶりつくのがおすすめ。『ヒルナンデス』でも、ソーセージフランスを食べた鈴木紗理奈さんは、そのおいしさに感動していました。
お店でいただくとソーセージフランスはまだ温かいです。薄めの生地はサクサクで、中のソーセージの旨味をうまく引き出しています。実際に食べた方によれば「切ってもらうと食べやすいけど、長いままかぶりつくのが一番おいしい」らしいです。

もちろんほかの商品もおすすめ!

カツサンド

480円(税別)

パンより分厚いロースカツがキャベツと一緒にサンドされたカツサンドです。お肉はとろけそうなほどやわらかくてとってもジューシー。カツにからまるまろやかなソースは、ふかふかパンと相性バッチリです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう