1日で千個完売!? 喜多屋「幻の金時クリームパン」を求めて遠征する人続出!

テレビで紹介され、あまりの人気にすぐ完売してしまう「喜多屋」のクリームパン!いつも買えないので「幻」とまで言われた金時クリームパンは、SNSでも話題になっています。今治の「Pao(パオ)」で購入できるそうですよ♪

幻の金時クリームパン!

『ヒルナンデス!』で今話題の商品として紹介され、なんと「1日で1000個完売した」という売り切れ続出のクリームパンがあります。

楽天ランキングのパン部門で1位を獲得したこともあるというこのクリームパン。インスタグラムでも皆さんぎっしりとつまった餡と生クリームの断面図を投稿しています。完売しすぎて幻とまで言われた「金時クリームパン」の人気の秘密はなんでしょう。

愛媛今治「Pao」

幻のクリームパンは「喜多屋」というブランドのものですが、愛媛県今治市にある「Pao」というお店で作られ販売されています。駐車スペースがたっぷりありますので、幻のクリームパンを求めて県外からいらっしゃる方も多いようです。お店ではパンだけでなく、ケーキも販売されています。広々とした店内にはゆったりとしたイートインスペースもあり、コーヒーを飲みながら買ったパンを食べることもできますよ。

喜多屋「幻の金時クリームパン」

では、「幻の金時クリームパン」ってどんなパンなんでしょう。
その断面からも分かるように、すき間なくつぶ餡と生クリームがびっしり詰まっています。食べてみると、良質な小豆にこだわって和菓子職人が炊き上げたという甘さ控えめの自家製餡とコクのある生クリームのハーモニーは絶妙です。

長時間熟成させることで小麦本来の香味を引き出した、自慢のパン生地で餡とクリームを包んでいます。しっかりしたパン生地なので、すき間なく餡とクリームを入れることが出来るんですね。そしてパンのてっぺんにはクッキー生地とけしの実が帽子のようにのっかっているのがポイント。一度食べてそのおいしさにハマってしまうリピーターが多いのもうなずけます。
SNSで実際に食べた方の感想を調べてみると、「あんこにクリームって相性イイね。朝から幸せ〜でした」「つぶ餡にクリームは最強のコンビですね」などたっぷりのつぶ餡と生クリームの組合せが人気の秘密のようです。

甘さ控えめなので、甘いものが苦手な人にもおすすめ。和と洋のコラボで、日本茶にもコーヒーや紅茶にも合うスイーツの完成です!
パッケージは和風でシンプルな喜多屋ロゴのものと、「幻の……」が印象的なポップなものとの2種類があるようです。どちらも目を引くデザインです。

こちらのクリームパンも人気です♩

喜多屋では全国の駅ナカや催事でクリームパンを販売しています。お店には金時クリームパン以外にもおいしいスイーツがありますので、ご紹介しましょう。

お芋餡のクリームパン

生クリームとお芋の餡がパン生地で包まれています。ゴロッとしたお芋の食感もしっかり残っていて、ボリューム感も満点!日本茶にピッタリのおやつです。お芋餡の帽子は、黒ゴマが目印ですよ。

ダブルクリームパン

ダブルクリームパンにはあふれんばかりの特製カスタードクリームと生クリームがまさにダブルで入っています。シュークリームに使われるものと同じ贅沢なカスタードクリームはなめらか~♩こちらのクッキー生地の帽子には、さくさくのアーモンドが入っています。シュー皮の軽さとは違って、ずっしりとしたパン生地との相性も魅力です。

喜多屋ポテトもおすすめ!

特集

SPECIAL CONTENTS