サービスエリア限定!たまごや「そのまんまぷりん」にマヨラーも二度見!?

3月1日は「マヨネーズの日」ってご存知でしたか?今回はそんなマヨネーズの日にちなんで、マヨネーズそっくりの「そのまんまプリン」をご紹介。その見た目のユニークさで、どうやらすでにツイッターでは「そのまんまぷりん」が話題になっているようですよ。

マヨラー注目!?そのまんまぷりんが話題

今や食卓に欠かせない調味料である「マヨネーズ」。マヨネーズが好きな人のことを「マヨラー」と呼び、最近ではマヨラー同士のパーティーもあるほどです!ほどよい酸味と濃厚な舌触りもたまりませんが、コアなマヨラーさんの中には、あのチューブを吸う感じが好きなマヨラーさんも、きっといらっしゃるのではないでしょうか。

そんなマヨラーさんも思わずびっくりしてしまうようなスイーツが、今ツイッターで話題になっているのはご存知ですか?今回は、まもなくくる3月1日「マヨネーズの日」にちなんで、マヨネーズそっくりの「そのまんまぷりん」をご紹介します。

レア商品⁉︎「そのまんまぷりん」って?

出典:www.instagram.com

1本 367円(税込)

「そのまんまプリン」とは、「たまごや」で販売しているスプーンなしでそのまんま食べられるプリンです。赤いフタといい形といい、ビジュアルもマヨネーズそのまんまですよね。なかにはマヨネーズ……ではなく、カスタード味の特製プリンがたっぷり詰まっています。
話題になったきっかけは、こちらの1件のツイート。確かに、外出先で食べていたら道行く方々に驚愕されること必至ですね。片手で食べられて手軽な利点はありますが、食べる場所は選ばないといけないかもしれません。

そのまんまぷりんは以前に人気番組『ヒルナンデス!』でも紹介され、そのときも大変話題になったのだとか。口部分の銀紙や星型など細かな部分にまで手を抜かない高いクオリティを見れば、その人気も納得ですよね。
肝心のお味はというと、地元静岡県の卵をたっぷり使っているためとっても濃厚!とろ~りとお口のなかでとろける、やわらかいタイプのプリンだそうです。思いのほか本格的な味わいに、食べて驚いた方も多いようですよ。そう聞くとお土産用だけじゃなく、自分用にも1本欲しくなっちゃいますね。

味は3種類あります!

販売されているフレーバーは、濃厚な「カスタード」、クリーミーな「ミルク」、香ばしい「キャラメル」の3種類。どれも容器はマヨネーズそっくりですが、並べてみると黄色みのあるカスタードが一番リアルかもしれません。それほど大きくはないので、3本買って食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。

そのまんまぷりんの販売場所は?

「そのまんまぷりん」を販売している「たまごや」さんの商品を扱っているのは、NEOPASA駿河湾沼津下りサービスエリア。静岡のご当地グルメが集うロコマルシェ内です。

店頭には「そのまんまぷりん」のほかにも、卵の殻をイメージした器に入った「日の出たまごのたまごたっぷりん」(6個入り 1,080円)や、カスタードがぎっしり詰まった「ころっころシュークリーム」(4個入り 380円)など、地元の卵を使った商品がズラリ!卵やカスタード系スイーツ好きにはたまらないですよね。

このほか足柄SAや海老名SAでも取り扱いがあるようですので、チェックしてみてくださいね。

店舗詳細

■店舗名:NEOPASA駿河湾沼津下りサービスエリア
■住所:静岡県沼津市根古屋919-1 NEOPASA駿河湾沼津下りサービスエリア
■電話番号:055-946-5181
■営業時間:24時間営業
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/shizuoka/A2205/A220501/22023266/

そのまんまぷりんは通販で買えないの?

残念ながら今のところ通販での販売はないようですが、他メーカーのマヨネーズ型プリンであれば通販でも購入できるようです。こちらは、十勝スイーツファームさんが出している「北海道プリンチュウ」という商品のカスタード味。濃いオレンジ色で、とっても濃厚そうですよね。

ほかメーカーのものですと、「てしおchuchuプリン」(6個入り 税込2,376円)や「天使の飲むプリン」(4個入り 税込1,400円)なども各店オンラインショップで購入できるようです。

ビックサイズのマヨネーズ型プリンも!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう