ローディング中

Loading...

同じようで何かが違うニッキとシナモン。このふたつの違い説明できますか?今回は、ニッキとシナモンの違いや、それぞれの使われ方や食べ方、楽しみ方についてご説明します。知っているけど具体的な違いはよくわからない、ニッキとシナモンについてご紹介!

ニッキとシナモンの違いってなんだろう?

お料理の旨みを引き出したり、コクをアップさせたりする様々なスパイス。必ずなければいけないというわけではないものの、あることでおいしさがアップする調味料ってありますよね。ケーキやアイス、紅茶などにも使われているシナモン。独特なスパイシーな香りは、特に女性を中心に人気です。

嗅げばすぐにシナモンだとわかる独特な香りのシナモンですが、皆さんは八つ橋の香りを嗅いだとき、シナモンだと思いますか?八つ橋はニッキでしょ?とわかる方も多いと思います。では、ニッキとシナモン、香りのそっくりなこのふたつ、一体何がどう違うのか、みなさんは説明できますか?

そもそもニッキとは?

ニッキは、クスノキ科に属するシナニッケイという木を原料として作られるスパイスのことを言います。このシナニッケイは、国内では比較的広い範囲に生息している植物です。

シナニッケイの幹の皮を剥がすと、シナモンの原料であるセイロンニッケイと同じようなコルク層があり、それを乾燥させるとシナモンと同じ香りのするスティック状のスパイスを作ることができるんです。

八つ橋にはニッキ

ニッキと言えば、代表的な食べ物に八つ橋があります。最近は、ニッキや抹茶などの定番八つ橋に加え、ホワイトチョコレートや栗、桃などの変わり種八つ橋も増えてきていますが、やはり元祖八つ橋と言うとニッキ味を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

八つ橋にニッキが使われている大きな理由のひとつは、原料となるシナニッケイが国内で採取しやすかったこと。香りはそっくりなのに、なぜ八つ橋にはシナモンではなかったのでしょう?

シナモンとニッキ何が違う?

食べ方によっては、言われなければ使われているのが、シナモンなのか、ニッキなのか分からないこともあるでしょう。ですが、実はちゃんと異なる点があります。その違いを順番に見ていきましょう。

原料原産の違い(スリランカ、日本)

まずは、原産国の違いです。シナモンがスリランカのセイロン産の日桂(ニッケイ)の皮から作られているのに対し、ニッキは日本産の日桂の皮から作られています。

日本産の日桂の歴史は古く、そのはじまりは奈良時代頃と言われています。樹木としては江戸時代頃伝わったのだとか。もともと、日桂は徳之島や沖縄島(久米島や石垣島)で、自然に育つ植物でしたが、時を経るにつれてその価値もどんどんあがり、現在では和歌山や高知、鹿児島でも栽培されています。

また、シナモンは皮を、ニッキは根を使用します。製造方法はどちらも同じで、樹皮のコルクになている層をきれいに取り除いてから筒状にし、干してスパイスにします。

風味、香り

原産国の違いについてご説明しましたが、実は風味や香りも微妙に異なっています。実際に食べ比べてみたりニオイをかいでみなければ、なかなかその違いは分からないかもしれませんね。

一般的には、ニッキよりもシナモンの方が甘い香りがします。濃厚な甘い香りを少し苦手に思う方もいるかもしれません。これは、シナモンにしか含まれていないオイゲールという成分によるもので、防腐効果もあるのだとか。

シナモンは世界最古のスパイスとして知られており、その歴史は紀元前4000年頃にまでさかのぼります。当時はミイラの防腐として、正式な儀式の場でも使われていたそうですよ。

味の感じ方には個人差がありますが、ニッキの方が辛みが控えめに感じる人が多いでしょう。シナモンは、鼻を刺激するようなスパイシーな味わいが特徴。そのため、シナモンロールは苦手だけど、八つ橋なら食べられるという方もいるのでは?

漢字表記が複雑

シナモンもニッキも同じクスノキ科の木を原料としています。しかし、ニッキは漢字表記からこの呼び方になってきたと言えます。

ニッキの原材料を見ると、「肉桂」や、「日桂」など、様々な表記を見かけます。ニッキは、この肉桂がもとになり、「にっけ」→「にっき」と呼ばれるようになったそう。しかし、最近は、「ニッキ」とカタカナで表記されることが増えてきています。

ニッキとシナモンの使い分け

シナモンとニッキ、それぞれの特徴が分かったところで、次にそれぞれの使い分けを知っておきましょう。一見、違いが分かりにくいふたつですが、特徴を把握して正しく使い分ければ、スイーツやドリンクの風味がよりいっそうアップしますよ!

シナモンを使った代表的な食べ物

シナモンを使った代表的な食べ物と言えば、シナモンロールやアップルパイですよね。この他にも、ケーキやドーナツ、カプチーノ、紅茶などに使われることがあります。

シナモンを取り入れることで、独特な風味を付けられることから、主にスイーツのスパイスとして使われることが多いのです。好き嫌いが分かれるシナモンですが、好きな人はスイーツやトースト、ドリンクなどにたくさんかけてしまうのではないでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

パン デニッシュ

コロンとした形の「ブリオッシュ」を食べたことありますか?ブリオッシュとはパンなのかお菓子なのか、またその形の意味や由来など、今回はブリオッシュについてのあれこれをご紹介。ダルマのような可愛らしい見た目ですが、…

レシピ

ちりめんじゃこ、しらすを食べたことはありますか?年中売られており、とても身近なお魚です。大根おろしと一緒に食べるのが定番ですね。クセが無く、旨みたっぷりのお魚をもっとおいしく食べるレシピや旬の時期など詳しくご…

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

ポワレという言葉を聞いたことがありますか?フランス料理の調理法のことですが、イマイチよくわからない……。一体どんな意味なのか、ポワレという言葉の由来、ソテーやムニエルとはどんな風に違うのか?知ってそうで知らな…

レシピ ところてん

ツルツルの食感が楽しいくずきり。おやつや鍋物の具に活躍しますが、くずきりとは何からできているのか、知っていますか?見た目の似たところてんや寒天との違いとは?いつものくずきりとは印象が異なる、おいしいくずきりレ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 まとめ

「日本酒は飲んだことがあるけれど、自分で日本酒を買うにはどのような日本酒を飲めばいいかわからない」という方や「目上の方におすすめしてもらう日本酒はちょっと予算が高い」という方に、お酒のプロが選ぶ1,500円以…

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

花見 スイーツ お土産 レストラン 茨城 水戸 お花見 まとめ

春といえばお花見ですが、桜より先に梅が見頃になります。梅といえば日本三名園でもある「偕楽園」。そこで「偕楽園」に行った際、お花見ついでに楽しみたいオススメの水戸グルメ、スイーツ、レストランをご紹介します♫

お菓子 スイーツ まとめ

結婚式のときに悩んでしまうものの一つとして必ず挙げられるのが「結婚式の引き菓子」。来てくれた人に喜んでもらうにはどんなものがいいのでしょう?おすすめの引き出物向けの菓子をまとめたので参考にしてみてください。

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スープ

「お腹いっぱい食べたい!でもヘルシーな食べ物を口にしたい」これは女性共通の想いですよね。そこでおすすめしたいのが、イトーヨーカドーのレンジアップスープ。具たくさんでヘルシーだと話題の厳選3品を実食し、一番おい…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る