同じじゃないの!? ニッキとシナモンの違い&上手な使い分け!

同じようで何かが違うニッキとシナモン。このふたつの違い説明できますか?今回は、ニッキとシナモンの違いや、それぞれの使われ方や食べ方、楽しみ方についてご説明します。知っているけど具体的な違いはよくわからない、ニッキとシナモンについてご紹介!

2017年3月20日 更新

ニッキとシナモンの違いってなんだろう?

お料理の旨みを引き出したり、コクをアップさせたりする様々なスパイス。必ずなければいけないというわけではないものの、あることでおいしさがアップする調味料ってありますよね。ケーキやアイス、紅茶などにも使われているシナモン。独特なスパイシーな香りは、特に女性を中心に人気です。

嗅げばすぐにシナモンだとわかる独特な香りのシナモンですが、皆さんは八つ橋の香りを嗅いだとき、シナモンだと思いますか?八つ橋はニッキでしょ?とわかる方も多いと思います。では、ニッキとシナモン、香りのそっくりなこのふたつ、一体何がどう違うのか、みなさんは説明できますか?

そもそもニッキとは?

ニッキは、クスノキ科の常緑樹でを原料として作られるスパイスのことを言います。日本産はもともと流通が少ないため高価なものとされています。

八つ橋にはニッキ

ニッキと言えば、代表的な食べ物に八つ橋があります。最近は、ニッキや抹茶などの定番八つ橋に加え、ホワイトチョコレートや栗、桃などの変わり種八つ橋も増えてきていますが、やはり元祖八つ橋と言うとニッキ味を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

シナモンとニッキ何が違う?

食べ方によっては、言われなければ使われているのが、シナモンなのか、ニッキなのか分からないこともあるでしょう。ですが、実はちゃんと異なる点があります。その違いを順番に見ていきましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう