お米の賞味期限と保存のコツ。未開封と開封後で違う?

今回は、日本人の主食「お米」の賞味期限や消費期限についてご紹介します。未開封の状態と、一度封を開けた開封後の状態ではどのくらい違うのでしょうか。また、お米をおいしいまま、長く保存するコツも紹介します。

季節別のお米の賞味期限

消費期限のないお米ですが、買ったときのおいしさがいつまで続くのか?腐ったりすることはないのか?気になりますよね。保存の場所や環境、季節によって、劣化の状況はずいぶんと異なってきます。

春・夏の保存について

春から夏の時期のお米の賞味期限の目安は、1ヵ月程度と思っておきましょう。気温の高まるこの時期は、気温の変動とともに湿度にも注意が必要です。梅雨の時期は、湿った空気により食品の腐敗が進みやすくなります。

秋・冬の保存について

秋から冬にかけての涼しい時期の賞味期限の目安は、2ヶ月ほどと考えておくとよいでしょう。秋から冬にかけては、湿度が下がり、春、夏に比べるとお米の保存しやすい季節です。

1年を通して保存場所に関しては、高温多湿を避け、乾燥した冷暗所で保存してくださいね。つぎに、お米の開封前と開封後の賞味期限の違いについてご紹介します。

未開封と開封後の賞味期限は違う?

ほとんどの食品は、未開封の状態と開封した状態とでは賞味期限が異なります。しかし、お米は未開封でも開封後でも大した差がないのです。その理由は、お米の袋に開いている小さな穴。

もともと穴が開いており、未開封の状態でも空気に触れているため、お米の賞味期限は未開封でも開封後でも変わらないのです。なので、お米の賞味期限は保存状態で変わるんです。

では、次に「お米の袋に穴が開いている理由」についてご説明します。

お米の袋に穴が空いている理由

お米を購入した際にお米の袋に小さな穴を見たことはありませんか?通気性をよくするため?とも思いますが、実はこのお米の袋の穴は、お米の袋が大きく破れてしまわないために空けているんです。

お店で売られているお米は、重ねて置かれている場合も多いですよね。お店に運ばれてくるまでにも同じように重ねられていることが多く、気温の変化で膨張した場合、圧迫を受けた袋は破けてしまう可能性があります。穴を開けて空気を逃がすことで、商品を守っているんですね。

おいしく長く保つための保存のコツ3つ

お米は開封前後で賞味期限が大して変わらないことは分かりましたが、では何が賞味期限に大きく影響を与えるのでしょうか。それは、保存環境です。ここでは、お米をおいしく長く保存する方法をご紹介します。

1. 冷蔵庫で保存

高温になる夏場などは、冷蔵庫に入れてしまうのがおすすめです。ただし、購入した袋のまま入れてしまうと、他の食材のにおいがお米に移ってしまいます。密閉度の高い、ジップ付きの保存袋や、蓋つきの保存容器に移し替えてから保存するようにしましょう。

2. 空気に触れさせない

お米は、空気に触れると表面が乾燥してしまいます。できるだけ空気に触れない保存の仕方がベストです。密閉できる蓋つき容器のほか、ペットボトルにお米を入れて保存するのもおすすめです。

ペットボトルであれば、立てることも横にすることもできますから、冷蔵庫の空きスペースを上手に利用できるメリットもあります。

3. 害虫の侵入を防ぐ

長く保存したお米には虫がついてしまうことも。袋の劣化から外から侵入することもあります。隙間や穴のない保存容器で保存することで、虫の発生も防げます。また、保存容器に、虫が嫌う唐辛子や鷹の爪などを入れておくのも効果的です。

消費期限は?食べられないお米の見分け方

賞味期限がないことはわかりましたが、では、食べられる期限を示す消費期限はどうでしょうか。長く保存したお米については、もし下記のような状態があれば食べるのをやめておきましょう。

・お米が全体的に黒ずんでいたり、茶色っぽく変色している
・お米を研ぐとボロボロに欠けてしまう
・たくさんの虫がわいている
・お米の表面にカビが生えている

お米は正しく保存してムダなく活用しよう!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう