1〜2年も持つなんて嘘!? お米の賞味期限&正しい保存方法を知ろう!

この記事では日本人の食生活に欠かせない「お米」の賞味期限についてご紹介します。お米は長く保存できると思われがちですが、実は大きな間違い!正しい保存方法を知らないと賞味期限をより短くしてしまいます。食べられないお米の見分け方もまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね♪

2019年3月28日 更新

そもそもお米は1年〜2年も持つの?

お米は生鮮食品と同じなので、賞味期限は書いていませんが長期間保存しておくと、どんどんダメになっていってしまいます。また、時間が経過するほど「古米臭」というにおいが発生したり、味に影響が出たりと質がガクッと落ちます。

お米に賞味期限が書いていないからといって、1年・2年経過したものは食べないことをおすすめします。早めに食べ切るようにしましょう。

季節別のお米の賞味期限

春・夏の保存について

春から夏の時期のお米の賞味期限の目安は、1ヵ月程度と思っておきましょう。気温・湿度が激しく変動するので、注意が必要です。梅雨の時期は、湿った空気により食品の腐敗が進みやすくなります。

秋・冬の保存について

秋から冬にかけての涼しい時期の賞味期限の目安は、2ヶ月と考えておくとよいでしょう。秋から冬にかけては、湿度が下がり、春、夏に比べるとお米の保存しやすい季節です。高温多湿を避け、乾燥した冷暗所で保存してくださいね。

未開封と開封後の賞味期限は違う?

ほとんどの食品は、未開封の状態と開封した状態とでは賞味期限が異なります。しかし、お米は未開封でも開封後でも大した差がないのです。その理由は、お米の袋に穴が空く小さな穴。

もともと穴が空いており、未開封の状態でも空気に触れているため、お米の賞味期限は未開封でも開封後でも変わらないのです。なので、お米の賞味期限は保存状態で変わるんです。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう