紅茶で世界旅行⁉︎ タキビベーカリー「旅する紅茶」はプチギフトにぴったり!

タキビベーカリーの「旅する紅茶」をご存じでしょうか。世界のさまざまな地域をイメージしたマッチ箱の中に紅茶を入れたもので、そのデザインがオシャレで洗練されていると話題なんです。今回はそんなマッチ箱に入った紅茶「旅する紅茶」を紹介いたします。

2017年8月10日 更新

プチギフトとしておすすめの商品!

マッチ箱に描かれた世界のさまざまな地域。そしてマッチ箱を開けると、箱の中にはそれぞれの国をイメージした紅茶が入っています。世界の地域をイメージした「旅する紅茶」のパッケージは、見ているだけで世界中を旅した気分にさせてくれます。

そのかわいさと手軽さがプチギフトやウエディングの引き出物にぴったりだと話題になっているんです。今回は、マッチ箱に入ったオシャレで素敵な紅茶「旅する紅茶」を紹介いたします。

「旅する紅茶」ってなに?

「旅する紅茶」とは、世界のさまざまな地域をイメージした素敵なイラストが描かれたマッチ箱に、地域をイメージした紅茶が入っているというものです。1箱にティーバッグが3つ入っています。パッケージは季節限定のデザインもあり、とてもセンスのよいプチギフトとして喜ばれそうです。

2,550円(税込)

「旅する紅茶」から、海上コンテナをイメージしたかわいい木箱にマッチ箱が5種類入った「木箱入りセット」が登場しました。しかも5種類の紅茶は8種類の中から自由に選ぶことができるんです。

選べる8種類は、番茶(日本)、ダージリン(イギリス)、マテ茶(ブラジル)、ルイボスミント(南アフリカ)、アメリカンチェリー(アメリカ)、チョコレート(ベルギー)、ミントティー(モロッコ)、チャイ(インド)です。
「旅する紅茶」は単品のみならず、大人気のラスクと組み合わせてギフトにすることもできるんです。オリジナル包装紙を使用したラッピングはとてもオシャレ。空き箱は捨てずに小物入れやインテリアに再利用する人が多いようですよ。
「旅する紅茶」を通販で購入すると、こんなにかわいくラッピングされて届きます。このままお世話になった人へのプチギフトにしたり、バレンターンデーやホワイトデーにもぴったりですね。紅茶も本格的な味わいで、とってもおいしいです。

作っているのは奥沢「タキビベーカリー」

「旅する紅茶」を作っているのは世田谷区奥沢にある「タキビベーカリー」というお店。実はこちらのお店、以前はオシャレなパン屋さんとして営業していましたが、2016年4月に営業は終了しました。現在はオンラインショップで「旅する紅茶」をはじめ、ラスクやグラノーラなどを販売しています。

タキビベーカリーは「旅するパン屋」というコンセプトで営業していました。海外で見たことや聞いたことを、タキビベーカリーというフィルターを通して見せてきたんだそうです。とってもすてきな雰囲気ですよね。

「旅する紅茶」おすすめの種類は?

ダージリン

世界三大銘茶と称されるダージリンは、紅茶の中でもっともポピュラーな茶葉ではないでしょうか。香り豊かなすっきりとした味わいが自慢のダージリン。素材は紅茶。生産国はインドです。紅茶を始めるならまずダージリンから始めてみてはいかがでしょうか。

アメリカンチェリー

アメリカンチェリーは、古きよきアメリカを想わせるチェリーの香りが特徴の紅茶です。チェリーの甘味と酸味が香り高い紅茶とよく合います。素材は紅茶、オレンジピール、レモンピール、香料。原産国はインドほか。

ルイボスミント

ルイボスミントはミネラルが豊富で、しかもノンカフェンなので妊娠の方や母乳で授乳中の方も安心して飲めます。フレッシュなミントの香りが効いた爽やかなハーブティーです。素材はルイボスとペパーミント。生産国は南アフリカほか。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

sakura

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう