余ったらどうしてる?ドライアイスの正しい処理法と意外な活用法

ドライアイスに水を注いでモクモクと上がる煙を見て、ワクワクしたことはありませんか。そんなドライアイスの正体や取り扱いの注意事項、そして活用法までご紹介します。ただ水の中に入れて小さくするだけではもったいないので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2017年3月28日 更新

ドライアイスってそもそもなに?

馴染みはあるけれど、ドライアイスが何できているのかを知っている人は少ないのでは?じつはドライアイスは二酸化炭素を固体化したものなんです。二酸化炭素ってそもそも空気に含まれる気体ですよね。なんで固体になるのか、そして、固体になると冷たくなるのはなぜなのでしょう?

一般的な使い道

冷たさを維持するパワーがあり、時間が経っても水分が出ないため、一般的にケーキや海鮮物など、低温保存が必要な食材を持ち帰るときに使われます。またモクモクと出てくる蒸気は、料理の演出にも使われますよね。

ドライアイスのが固体になる気圧と温度

街の外観と温度計

Photo by Snapmart

常温では気体の二酸化炭素ですが、じつは130気圧前後の圧力をかけると液体になります。その液体を一瞬にして空気中に放出すると、気化熱でさらに温度が下がり、凝固点を下回って粉状の固体へと変わります。これがドライアイスのもと。ドライアイスの温度はマイナス78.5℃まで下がります。

この細かい粉末をぎゅっと圧縮して塊にしたものが私たちがよく目にするドライアイス。もともと気体だったなんで、不思議ですね!

取り扱いを間違えるとやけどする?

こんなに低い温度で固体化された二酸化炭素であるドライアイス。これを素手で触る人はまずいないと思いますが、何かの拍子で触れてしまうとどうなるのでしょうか。ドライアイスに触れると、皮膚が一気に冷やされてを凍傷を引き起こします。

子供と一緒のときには、特に気をつけて!白い煙が湧き上がるドライアイスは子どもにとって不思議でワクワクな物体ですから、うっかり目を離すと手で触れてしまうことも。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

大島浅海

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう