定番から変わり種まで!そばの種類を知ればメニュー選びに困らない

ひと言に「そば」といってもいくつか種類があります。そば屋で違いがわからず困った経験がある人もいるでしょう。今回は更科そばや田舎そばなどの一般的なものから、韃靼そばという変わったものまでご紹介します。それぞれ味わいや材料の違いは何でしょうか?

2017年11月22日 更新

そばは1種類じゃない!?

そばは、パスタやうどんに比べて栄養価が高いうえにヘルシー。炭水化物の中ではダイエットに向いている食材として注目を集めています。そのままでもおいしいのですが、天ぷらや油揚げ、甘辛く煮た肉など、合わせる具材のバリエーションが豊富なのも魅力のひとつです。
そんなそばですが、じつはいろいろと種類があるのをご存じでしたか?今回は知っているようで知らないそばの種類について、詳しく調べてみました。

そばの種類、いくつ知ってる?

そばと似ているうどんは、作られている地域や製法(太さ・こし)によって名前がそれぞれついています。香川県の讃岐うどん、それから長崎県五島列島の五島うどんなどが有名ですよね。
うどんと同じく、そばにも違いによっていくつか名前がつけられています。「そばに違いなんてあるの?」と疑問に感じる人は、これまで食べてきたものを記憶をたどって思い出してみてください。うどんのような白いそばや、黒色に近いものまでいろいろあったはず。
更科そばや田舎そばといった代表的なものから、韃靼そばという変わったものまで紹介していきます。今までなんとなくメニューを頼んでいた人も、違いを知ればきっと冒険してみたくなるはずです。

更科(さらしな)そば

「更科そば」はひと言で表すと「白いそば」で、江戸を中心に広まっていきました。そば独特の風味が抑えられており、上品で食べやすい味わいが特徴です。
そもそもそば粉には「一番粉」「二番粉」「三番粉」の3種類あり、更科そばには一番粉が使われます。この粉はそばの実の中心部から作られ、たんぱく質が少ない代わりにでんぷんが多いそう。そのため食べるとほんのり甘さが感じられるんですね。

田舎(いなか)そば

別名で山家そばともいわれる「田舎そば」は、先ほど紹介した更科そばの対極に位置づけられます。白っぽくて細麺の更科そばはとっても精巧な味ですが、田舎そばは黒くどっしりしており素朴な味なんですよ。
そばの香ばしさが強く感じられる田舎そば。食べ方としては、汁をあまりつけずにそば本来の味わいを楽しむのがおすすめ。
勘違いしてしまう人が多いのですが、田舎そばとはそば粉が十割使われているという意味ではないんですよ。実は十割だけでなく、つなぎが使われたニ八もあります。また、他のそば粉の比率もあるので覚えておきましょうね!
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう