ライター : morico

WEBライター

【煮込み時間別】カレーの味わいを検証

Photo by morico

15分、30分、60分、90分と煮込み時間別にカレーの味わいを検証します。カレーの作り方は(1)具材を切る→(2)具材を炒める→(3)水や調味料を入れて煮込む→(4)火を止めてカレールーを入れる→(5)とろみがつくまで煮る、の大きく分けて5ステップです。

(3)水や調味料を入れて煮込む、の部分による煮込み時間で味わいを比較します。煮込み時間が経過したら1/4ずつ違うなべに取り分けてから(4)(5)のステップをおこないます。カレールーと仕上げのウスターソースも1/4ずつ加え完成です。使用したレシピは4人分で作りました。
使用したレシピはこちら▼

【煮込み時間別】カレーの比較結果

煮込み時間野菜煮崩れ具合
15分歯ごたえがある。
味が染みていない。
玉ねぎ以外は火が通っていなくて硬い。肉も野菜も崩れていない。
30分食べごたえがある。
カレーの味がほどよく染みて肉の味わいも感じる。
すべての野菜に火が通りホクホク食感。
野菜の甘さを感じられる。
肉も野菜も崩れていない。
60分食べごたえがあるが、少しやわらかい食感。
カレーの味がよく馴染んでいる。
ホロホロのやわらかい食感。
カレーの味がよく馴染んでいる。
肉とにんじん以外の野菜が多少崩れている。
90分やわらかい。
肉よりもカレーの味わいが強い。
玉ねぎとじゃがいもは溶けているものも。
野菜よりもカレーの味わいが強い。
にんじん以外は崩れている。肉は多少崩れている。

「カレーの煮込み時間」の比較結果

  1. 15分
  2. 30分
  3. 60分
  4. 90分

15分

Photo by morico

肉はカレーの味が染みていなくて、食感は硬く歯ごたえがある印象です。玉ねぎはシャキッと食感を感じられます。

にんじんとじゃがいもは15分では硬く、火が通りませんでした。火が通っていない具材もあるので、もちろん煮崩れはしていません。全体的にコクや旨みなどはあまり感じられない味わいです。

30分

Photo by morico

肉は食べごたえのある食感で、カレーの味がほどよく馴染んでいます。肉の旨みも感じられ、ジューシーです。玉ねぎはやわらかく、シャキッと感は少し残っています。

じゃがいもとにんじんはしっかり火が通り、ホクホクの食感です。野菜の本来の味わいも感じ、特ににんじんは甘く仕上がりました。カレーの味わいと野菜や肉の旨みのバランスがちょうどよいと感じます。

60分

Photo by morico

肉は30分よりも少しやわらかい食感で、肉にカレーの味がしっかりと染み込んでいる印象です。玉ねぎはやわらかく、食感は感じられません。じゃがいもは小さいサイズだと崩れ、大きいサイズは少し形が崩れていました。かろうじて形をたもっている状態で、食べるとホロホロ溶けていくような食感です。

にんじんの形は崩れていませんが、じゃがいもと同じようにやわらかい食感でした。野菜の甘さは30分よりも感じず、カレーの味わいが全体的に染み込んでいます。

90分

Photo by morico

肉はやわらかい食感で、肉の旨みよりもカレーの味わいが強いように感じます。玉ねぎはカレールーと一体化している印象です。じゃがいもは崩れてしまい、大きいサイズで切ったものが小さくなって残っています。歯で噛まなくても溶けていくような食感です。

にんじんは形が残っていますが、食べると60分よりもやわらかく、甘さもあまり感じられません。肉と野菜の味わいがカレールーに溶け込み、食感は楽しめないでしょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ