【高田馬場】驚異の焼き鳥一本60円!「鳥やす」の『ぼんじり』食べてない人は人生の半分損してる

高田馬場駅のほど近くに店を構える昔ながらの焼き鳥屋「鳥やす」。学生時代、大学のサークル仲間とよく飲んだお店です。増税の影響でメニューの値上げに踏み切る飲食店が増えているなか、この「鳥やす」だけは昭和プライスを守り抜いてます。そして、ただ安いだけじゃないのが「鳥やす」のすごさ。僕の愛する鳥やすの「ぼんじり」は、東京のなかでもベストといっても過言ではないぐらいのうまさです。本当にヤバい。

ちょっと高田馬場で用事があったので、鳥やすで一杯飲んできました。いやもー、ここは最強です。多くは語りません。

焼き鳥一本60円から!

きました。さかえ通りの本店です。
相変わらず一本60円から!増税でも値上げしてないんですねぇ。
ここ、ビールが安いのも嬉しい。
大ジョッキはかなりボリュームあります。酒飲みはこちらを注文しましょう。お通しもこれ美味しいんです。非公式だと思いますが、ぼくは醤油を垂らして啜るようにして飲みます。
焼き鳥は10〜15分くらい待つので、おつまみをまず楽しみます。普段はモツ煮なんですが、今日は気分的にカクテキ。
どうです、この安さ。昭和プライス!
サークルメンバーと来るときは、なぜか野菜盛りを注文していたなぁ。これはコストパフォーマンス悪いぞ!とよく議論してました。
きましたよー!これで一人前、490円!
特にぼんじりがヤバイ。食べられる骨と一緒に焼いていて、肉食ってる感があります。
5時に入店したらガラガラ。6時前にサクッと出ました。この使い方はいいなぁ。
このあと串を4本追加で頼んで、お会計は2,010円。おなかいっぱい焼き鳥食べられました。あー、満足…。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

イケダハヤト

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう