そのほかの卵料理を英語で言うと?

ゆで卵

まず紹介するのは「半熟ゆで卵」。ゆで加減が注文できるのであれば、半熟好きさんはそのほうがありがたいですよね!そんなときは英語で「soft boiled egg(ソフトボイルドエッグ)」と伝えればOKです。 黄身までしっかりと火が通り、切っても形が崩れない「固ゆで卵」は英語で「hard boiled egg(ハードボイルドエッグ)」と言います。"ボイル" が "ゆでる" という意味なので、半熟・固めの呼び方の違いは分かりやすいですね。

スクランブルエッグ

次に紹介したいのが「スクランブルエッグ」です。ホテルではよく出るメニューなので、覚えておいて損はありません。英語でスクランブルエッグは「scrambled egg(スクランブルド エッグ)」と言います。 同じだ!と思ったかもしれませんが、それもそのはず、スクランブルエッグは英語圏で呼ばれていた名前がそのまま日本に伝わってきたんです。「scramble」には "かき混ぜる"、"ごちゃ混ぜにする" という意味があるので、まさに作り方のまま名付けられた料理ですね。

オムレツ

「オムレツ」も、スクランブルエッグと同様に英語からそのまま日本に伝わった言葉。そのため「omelet (オムレット)」と言えば簡単に伝わります。 ちなみにオムライスは、「a rice omelet(ライス オムレット)」で通じますよ。

卵の焼き方を英語で訊かれた!失敗しない応答例

では実際に海外に行ったときに実践できる、ホテルやお店での注文法と対応例をご紹介!基本的な定形文を覚えておくと、非常に役立ちます。ぜひ参考にしてみてくださいね。 店員:Are you ready to order?(ご注文はお決まりですか?) 自分:Yes, I would like the "All American" breakfast, please.(「オールアメリカン」ブレックファストをください。) ※ここで注文を聞かれているので、自分が注文したいメニューをしっかり伝えましょう。 店員:How would you like your eggs?(卵の好みはありますか?) 自分:Sunny-side up, please.(片面半熟焼きでお願いします。) ※ここで朝食メニューの卵の焼き加減を聞かれるので、ここで先ほど紹介した焼き加減のフレーズを伝えましょう。 店員:Do you want bacon or sausage with that?(ベーコンとソーセージ、どちらがよろしいですか?) 自分:Bacon please.(ベーコンでお願いします。) ※ここでも朝食のメニューの選択を聞かれることがあるので覚えておきましょう。 店員:Can I get you anything to drink?(お飲み物はいかがですか?) 自分:A cup of coffee and a glass of water, please.(コーヒーとお水をください。) ※飲み物を頼んでいなくても最後の注文で聞かれることが多いので、店員からドリンクというフレーズが出たら「いる」「いらない」を伝えましょう。 このように海外では朝食は単品メニューではなくセットが多いため、どれにするか聞かれることが多いです。そのときに備えてしっかりとパターンを覚えておき、自分の食べたいメニューを注文しましょう。

海外で卵を食べるときの注意点

卵を海外で食べるとき、生で食べるのは避けてください。海外の卵には食中毒の原因になる「サルモネラ菌」が付着している場合がほとんど。現地では、卵は基本的に目玉焼きかゆで卵など加熱調理が主流です。半熟卵で食べる人も少ないと言われています。 卵かけご飯やすき焼きなど生卵を食べる文化がある日本の卵は、衛生面に関して徹底的に清潔が保たれています。これは卵だけでなく、お刺身など食品を生で食べることが日本では普通ですが、海外ではあまり一般的ではありません。

英語圏でも目玉焼きを自分好みに♪

英語名をきちんと覚えておけば、慣れない海外の地でも目玉焼きを自分好みの焼き加減で注文することができます。何より、英語でのオーダーをスマートにこなしている自分を想像すると、わくわくしますよね! これを機に、さまざまな料理や食品の英語名を勉強してみませんか?
▼海外のお店で役立つ英語はこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ