料理用語「ゆでこぼす」ってなんだ?その意味や方法をご紹介

みなさんは、レシピ本などで「ゆでこぼす」というワードを見たことがありますか?立派な調理法のひとつなのですが、知らないという方が意外と多いのではと思います。そこで今回は、「ゆでこぼす」の意味や方法をはじめ、そのほかの料理用語についてもご紹介!

2017年12月1日 更新

「ゆでこぼす」って知ってる?

このページを見ている多くの人が、具材を溢れるまで茹でてしまった経験があると思います。それは「ゆでこぼす」という表現がされますが、その意味について詳しく説明できる人はあまりいないのではないでしょうか?

今回はゆでこぼすの意味と、「湯通し」「板ずり」など、なにげなく使っている料理用語に至るまで、分かりやすく説明したいと思います。参考にしてください。

「ゆでこぼす」とは

そもそも、ゆでこぼすとはどういう時に使う用語なのでしょうか?まずは簡単にご説明したいと思います。

これは、材料をゆでて、煮立ったらそのゆで汁を捨てることを指しています。里芋などの食材を、一度ゆでて泡がふきこぼれそうになったのち、火を止めてザルに移すこともこの言葉の意味として含むみたいですね。

アクやぬめり、臭みなどの強い食材に使われる手法とされており、余分なものを取り除くため、テイストに癖がなくなります。つまり、食材のよさをさらに活かすための方法と言えるでしょう。

長時間の加熱はご注意を

ちなみに、料理の中には長時間ゆでることで食品に含まれる栄養素がそのままお湯に流れてしまうケースもあります。緑黄色野菜は特にその傾向が強いみたいなので、ご注意くださいね。

どんな食材に使うの?

では、具体的にどんな食材に対してゆでこぼし処理は行われているのでしょうか?
先ほどご紹介した里芋以外だと、モツがそれに該当します。下ゆで済みで売られているもつは、さほどゆでこぼしを必要としません。それでも臭みが気になるようでしたら、自宅でゆでこぼしをしてみてはいかがでしょうか?
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう