旬のアナゴはこう食べよう

旬のアナゴはどうやって食べたらおいしいのでしょうか。低カロリーで淡白なアナゴを、家庭でもおいしくいただけるレシピをご紹介いたします。

1. 煮穴子

アナゴと言ったらやはり煮穴子!下準備としてアナゴに熱湯をかけ、冷水につけることによってしっかりぬめりを取ることがポイントです。ぬめりが取れたらあとはお好みの味付けで煮るだけ。アナゴのふっくらした身と甘いタレが絶妙なんですよね。そのまま食べてもよし、丼にしてもよし、お寿司として握ってもよしです。

2. アナゴの白焼き

甘く煮たアナゴもいいですが、シンプルに焼いただけのアナゴもとってもおいしい! 下処理は煮穴子と同様で、ぬめりが取れたらあとはフライパンで焼くだけ。塩とワサビでいただくアナゴの白焼き、お酒のおつまみにも絶品です。

3. アナゴの煮こごり

料亭などに行くと出てくる煮こごり。敷居が高そうに見えて、意外と簡単に作れてしまうんです。下準備した里芋、レンコン、水菜、アナゴなどお好みの材料をゼラチンとともに混ぜ、型に入れて冷やすだけ。 豪華に見えるひと品なので、パーティやお呼ばれなどで作ったら喜んでもらえること間違いなしです。なかなか家庭では食べる機会が少ない煮こごりですが、ぜひ一度ご自宅でもチャレンジしてみませんか?

4. アナゴ入り巻き寿司

いつもの巻き寿司にアナゴを入れてちょっと豪華に! お好きな具材(卵焼き、えび、きゅうりなど)と一緒に巻くだけ。節分の時期なら恵方巻きにもいいですね。こちらのレシピのようにご飯が外側の裏巻きでもよいですし、海苔が外側の普通の巻き方でも、お好みでどうぞ。

5. アナゴの天ぷら

ふわっふわのアナゴの天ぷらはいかがですか? 淡白な味のアナゴに天ぷらはとても相性のいい調理法で、「骨切り」という下処理をするだけで、おいしいアナゴの天ぷらができてしまうんだそうですよ。そのまま塩につけて食べてもおいしいですし、タレを作ってアナゴ天丼にするのもオススメです。
Photos:11枚
雪の中で暖かいマグカップを持つ手
うな重を箸で持ち上げている写真
生のアナゴから作る煮穴子
アナゴの白焼き
穴子入り巻き寿司
アナゴの天ぷら
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS