ローディング中

Loading...

連載:メイキング・ベストボディ。なりたい私になる!

私、鈴木香恵がベストボディ・ジャパン日本大会へ向けたカラダづくりをしながら続けてきたこの連載。今回は、これまでの記事で紹介した内容の中から、特に大切なポイントをまとめてみました。ベストボディづくりに役立つレシピも、今回は特別に2品ご紹介!

ベストボディをつくるために大切なこと

メリハリボディを手に入れたい。ヤセたい。セクシーになりたい。女性のカラダへの願望はつきません。

人によって、理想のカラダをつくるためにすべきことは違います。それを知らぬまま自分には向かないやり方を続けても、上手くいかないばかりか、カラダは美しさからかけ離れ、健康すら害してしまいかねません。ベストボディづくりは、自分のカラダを知り、何をすべきかを正しく認識することから始まるのです。

マイベストボディを知る

重要なのは、体重と体脂肪率。体重は少なければ少ないほうがいいと思いがちですが、ヤセていればいいというわけではありません。ヤセすぎも太り過ぎもカラダの不調につながります。一番健康的=美しいカラダの数値を知りましょう。

まずは理想的な体重について。これは以前にもご紹介しましたが、BMI値でわかります。BMI値=20〜22がベスト。健康診断などでは22で計算されますが、ベストボディを目指すなら20で計算するのがいいでしょう。計算方法は、

身長(m)×身長(m)×20
例:身長160cmの人の理想体重は1.6×1.6×20=51.2

今がベストな体重だったという人も結構いるのではないでしょうか?

次に体脂肪率。女性であれば20〜25%内に収めましょう。この範囲内が一番健康的な範囲です。ベストボディを目指すなら20%をキープ。体重があっても体脂肪率が20%であれば十分スリムに見えます。

この計算結果をふまえて、目標の数値を決めます。体重が足りない人は増やしましょう。ただ増やすだけでは体脂肪率が上がってしまうので、体脂肪率も意識すること。

イメージをつくり、今の自分を知る

私がベストボディを手に入れるために毎日していたこと。そのひとつが、なりたいカラダを見ることでした。

私の憧れはミランダカーをはじめとしたビクトリアエンジェルたち。セクシーで細いウエスト、ボリュームのあるバストやヒップ。すらっとした足。見ているだけでため息が出るほど美しい女性たちです。

たとえば、彼女たちのランウェイの動画を会社の行き帰りに見たり、彼女たちが行っているトレーニング法を調べたりしました。もちろん手足の長さも身長も違うので、まったく同じにはなりませんが、同じようなメリハリは手に入れられると思えましたし、毎日の食事やトレーニングへの意識を高めることができました。

自分のカラダを客観的に見ることが大切

目指すべき数値、ビジュアルイメージを確認したら、もう一つ大切な事があります。それは現実を知ること。

今の自分のカラダを写真に撮ってください。やってみればわかりますが、これは効果てき面です。写真で客観的に自分のカラダを見ることで、自分のカラダの問題点に気がつくと思います。私もトレーナーに言われてやってみたところ、想像以上の体型の崩れにびっくりしました。その瞬間から私の本気のスイッチが入りました。

毎日体重計に乗りましょう

今の現実から目を背けないでください。体重計に毎日乗っていますか?

数字から目をそらないようにしましょう。毎日同じタイミングで体重計に乗ってください。私は毎朝トイレに行った直後、まだ何も口にしていない状態で計測しています。そして、その数字をスマホのアプリで管理してます。

今は便利なアプリがたくさんあるので、ぜひ活用してください。

知識を得ることがキレイへの近道

カラダについての知識を得ることはとても大切です。何が必要で何が不要かを知っていれば、日々の行動が変わります。

何がカラダの材料になり、何がカラダの機能を維持しているのか。それさえ知っていれば、いろいろな情報に惑わされることはなくなり、無理なダイエットを繰り返すこともなくなります。

カラダは何でできている?

60%水分、20%の脂質、20%たんぱく質、ビタミン、ミネラル。これが細胞の大まかな構成要素。そういうものでできている細胞が60兆個集まって、カラダをつくり上げています。

1日あたり、りんご一個分ほどの細胞が毎日つくられていて、その材料と量は決まっています。カラダの機能を高めようと思うなら、そのレシピに必要な材料をそろえること。

水は1日2〜3ℓ摂取しましょう

カラダの中で一番大きな割合を占めているのが水。

体内の水は血液を通して体中の細胞へ栄養を運び、老廃物の排出、タンパク質や酵素の生成、ホルモンの分泌など、カラダの中で非常に重要な役割を果たしています。その必要量を摂取量が下回れば、当然カラダの機能は低下します。

また、体温の調節も水の重要な役割。体温の調節機能が正常であることが基礎代謝を高めることにもつながります。体温が1度下がると基礎代謝量が12%下がるといわれているんですよ。

ですから、しっかり水を補給してカラダの機能を高め、基礎代謝量を維持するようにしてください。ちなみに、私は以前、ドライアイ、冷え性、むくみ、便秘などに悩まされていましたが、美容と健康のために水を2ℓ摂るようになってからはそれらがまったく気にならなくなりました。

たんぱく質がカラダの基本

たんぱく質はカラダの材料の中でもっとも大切なもの。臓器や脳、さまざまな分泌液やホルモンや酵素、そして筋肉や肌、髪などはすべてたんぱく質でできています。

1日あたりのたんぱく質の必要量は、体重の1/1000。体重50kgの人なら50gが必要です。

美しいカラダづくりにおける食事の重要性。これは多くの方が理解していると思いますが、たんぱく質の摂取を意識している女性はあまりいません。脂質やカロリーは気にしても、たんぱく質を食べなければ!とは思っていない人ばかり。しかし、それではいけません。食事をする際は、何よりもまずたんぱく質の摂取を考えてください。

美容的な効果を望むなら、先にあげた必要量の2〜3倍を摂ってもいいと思います。効率を考えるなら、プロテインを飲みましょう。

私は朝食代わりに毎日飲んでいます。おすすめは植物性のプロテイン。日本人の古来の食事は大豆中心でした。そのことを踏まえても日本人は動物性より植物性のたんぱく質が相性がいいので、選ぶなら植物性のプロテインがオススメです。最近は女性向けの商品もたくさんあるので、自分の口に合うものを探してみてください。

ビタミン、ミネラルも欠かせません

《メイキング・ベストボディ。なりたい私になる!》の記事一覧

レシピ

ベストボディをつくるには、運動や食事はもちろん、コンディションキープも大切です。せっかく磨いたカラダもむくんでいたら台無し!そこで今回は、ベストボディ・ジャパン日本大会グランプリを目指す私が日々実践しているむ…

レシピ

ベストボディを手に入れるには、全身を引き締めると同時に、女性らしいシルエットづくりも意識しなければいけません。そこで今回は、ベストボディ・ジャパン日本大会グランプリを目指す私が日々実践している、バストアップの…

レシピ

ベストボディ・ジャパン日本大会グランプリを目指し、トレーニングと食事の工夫に勤しんでいる私、鈴木香恵。今回は、そんな私が美しく痩せた背中をつくるために実践している簡単エクササイズ、食材、レシピをご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

運動前の食事は、運動効果を大きく左右するので、ダイエット中の方は気をつけたいところですよね。そこで今回は、運動前に摂取してもいいおすすめの食材をご紹介します。時間別にまとめたので、運動する際はぜひ参考にしてみ…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

まとめ

知っておくと役に立つ料理の裏技、キッチンライフハックの第2弾のご紹介です。便利に楽しくする方法が盛りだくさんで手間もかからないし、知っておいて損はありません!実践してみましょう!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

鈴木香恵

1979年生まれ 現在36歳 。2015年6月からトレーニングを開...

ページTOPに戻る