ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学…もっとみる

蓮(ハス)の実とはどんなもの?

蓮の実とは、れんこんの花の実のことです。日本では精進料理には使われていますが、あまり馴染みがないかもしれません。

しかし、東南アジアや中国ではかき氷やおしるこに使われており、親しみのある食材です。松の実やクコの実と同じように利用されていますよ。

蓮の実の栄養効果

蓮の実は漢方食材のひとつで、精神を安定させる作用があります。そのため、ストレスを感じやすい方や、イライラしがちな方におすすめの食材です。

では、蓮の実にどのような栄養が含まれているのか、詳しく見ていきましょう。(※1)

むくみ対策

乾燥蓮の実100gあたりには、カリウムが1,300mg含まれています。カリウムは体内の塩分(ナトリウム)を排出する作用があります。塩分の摂り過ぎが気になる方におすすめの栄養素です。

塩分の過剰摂取は、むくみの原因のひとつに。蓮の実にはカリウムが豊富なので、食べることでむくみ対策に役立てられますよ。(※2,3,4)

腸内環境を整える

乾燥蓮の実100gあたりには、食物繊維が10.3g含まれています。特に蓮の実に豊富なのは、不溶性食物繊維。便の量を増やして腸のはたらきを促すため、便秘対策に役立ちます。

また、食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える作用があります。腸内環境がよくなることで、自律神経の安定にもつながりますよ。(※2,5,6)

糖質の代謝を助ける

乾燥蓮の実100gあたりには、ビタミンB1が0.44mg含まれています。ビタミンB1は、糖質のエネルギー代謝を助ける役割がある栄養素です。

ビタミンB1が不足すると、糖質がエネルギーにうまく変換されなくなるおそれが。疲れを感じやすくなる、食欲がなくなるという影響が出てきます。糖質の摂取量が多いと、ビタミンB1の必要量も増加します。不足しないように注意しましょう。(※2,7)

蓮の実の採取方法

蓮の実は、開花して約3週間で収穫できる大きさに育ちます。どんどん肥大して落果していくので、収穫時期は7月上旬~8月上旬が目安です。蓮の実は収穫できる時期がとても短く、開花数も少なめ。収穫される実はとても貴重なものです。

蓮の実を採取する際にれんこんを傷つけやすいため、極めてむずかしい作業だといわれています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ