お酢ダイエットの決定版!健康と美を目指す「酢大豆」の作り方

高いダイエット効果が期待できると人気の「酢大豆」。この記事では、自宅で簡単にできるレシピやおすすめの食べ方など、詳しくご紹介します。毎日少しずつ食べれば、無理なく体重を落とすのも夢じゃない!ぜひ食卓に取り入れてみてくださいね。

2019年10月4日 更新

監修者 : 工藤 孝文

工藤内科 副院長

福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。現在は、福岡県みやま市の工藤内科で診療を行っている。 「ガッテン!」(NHK)、「世界一受けたい授業」(日本テレビ)、…もっとみる

ライター : tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

酢大豆とは?

ひと昔前に流行ったダイエット法や健康法が、ときを経て急に人気を復活させることがたまにあります。一時期話題になった「酢玉ねぎ」はその典型で、30年以上前に一度注目を集めた健康法なんですよ。
実をいうと、この記事の主役「酢大豆」も、四半世紀ほど前に大きなブームとなった健康法です。お酢や大豆をダイエット、美容、健康に役立てる人が増えるなか、その2つを組み合わせた酢大豆こそ「お酢ダイエットの決定版」として、主にダイエッターを中心に実践している人が急増しています。 この記事では酢大豆の効果効能、作り方、注意点などを詳しく調べてみました。簡単に作れて、無理のないダイエットや美容に役立つと評判の酢大豆。ぜひ試してみてくださいね。

酢大豆のダイエット効果

酢大豆を摂ることの一番のメリットは、ダイエット効果でしょう。以下に、詳しいダイエット効果をまとめました。

エネルギー代謝を促す

わたしたちの体内には、クエン酸回路(クエン酸サイクル)という働きがあります。簡単にいうと、食べ物から摂取した糖質、脂質、タンパク質をエネルギーに変える過程のことです。この回路がスムーズに機能していれば、エネルギーがどんどん作られます。(※1) ただし、不規則な食生活などが続くとクエン酸回路の働きが低下することも。お酢でクエン酸を補ってあげれば回路がしっかりと働くので、糖質、脂質、タンパク質を効率よくエネルギーとして代謝できるようになるんです。

コレステロールの低下

お酢は、日常的に摂取することでコレステロール値を下げる効果が期待できます。また大豆に含まれるたんぱく質にも、血中のコレステロール濃度を正常に保つ作用が認められています。(※2,3)

便秘対策

炒り大豆には、100gあたり19.4gと食物繊維が豊富に含まれており、その大半が不溶性食物繊維です。(※4) 不溶性食物繊維の特徴は、腸内で水分を含んで便の量を増やし、腸を刺激してぜん動運動を活発にさせること。それにより便通が促されるので、便秘対策に効果的です。また、水溶性・不溶性ともに善玉菌のエサにもなるので、腸内環境を整える作用もありますよ。(※5)

酢大豆のそのほかの効果効能

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS