【食感別】オススメ大根おろし器&レシピ5選。道具でこんなにも変わる!

普段何気なく使っている「大根おろし器」。実は道具によって食感が変わるのをご存知ですか?今回は食感別にオススメの大根おろし器と食感の特徴、食感にあったオススメレシピを5点まとめました。ぜひお好みの大根おろしを見つけて、お料理に合わせてこだわってみてはいかがですか?

2019年2月13日 更新

「おろし金」どれも一緒だと思っていませんか?

老舗料理道具屋「飯田屋」の専務取締役で、120種類のおろし金を使い分けている飯田さんは、「おろしニスト」としていろんなメディアで活躍されています。そんな飯田さんいわく、大根おろしには「ふわふわ・ふわシャキ・シャキふわ・シャキシャキ・ジャキジャキ」という5つの食感の違いがあるそうです。

違いは、おろし器の種類によって差が出てくるそう。刃が細かければフワフワの食感に、粗ければシャキシャキ、ジャキジャキした食感になります。これより食感ごとのオススメ大根おろし器とその特徴、オススメレシピを5点ご紹介します。自分の好きな大根おろしを見つけてください♪

おろしニストが選ぶ「おろし金」厳選5種

1. 【ふわふわ】楽楽オロシてみま専科 (アーネスト)

ふわふわ系の大根おろしは、大根の甘みに特化した味わいを楽しめます。マツコさんは「ポン酢と混ぜたらおいしそう」とおっしゃっていました。

職人さんが手でタガネを使い、1本ずつ刃の目を立てているので、大根の繊維をきっちりおろすことができます。持ち手が付いていて、さらに刃がランダムで常に削れる構造なので、力を入れなくても楽におろすことができるのが特徴です。

ITEM

楽楽オロシてみま専科

本体サイズ(約):12.5×30×8.5cm 重量(約):524g 素材: [おろし金]:18-0ステンレス [受け皿]:AS樹脂 [滑り止め]:エラストマー樹脂 [水切り]:ポリプロピレン

¥3,940〜 ※2019年1月30日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

【ふわふわ系オススメレシピ】たこの唐揚げおろしポン酢

和食器に盛られたたこの唐揚げおろしポン酢

Photo by macaroni

ふわふわ系オススメレシピは居酒屋の人気メニュー、たこの唐揚げおろしポン酢です!大根おろしのふわふわした食感と、大根の甘みが、ポン酢とタコ唐に絡んで絶品。口の中でほろほろと大根が解けますよ♪

2. 【ふわシャキ】ののじ大根スリスリ (レーベン販売)

ふわシャキ系の大根おろしは、ふわふわ感がほどよく感じる1番ベーシックな味わい。刃が本体と並行になっていて、繊維のままおろせるため、口どけがよいのがのが特徴です。

簡単に着脱できる角トレイ付きで、すりおろしたあとはそのまま食卓に出すこともできます。
もちろん大根以外にも、いろいろな食材をおろすことができますよ!

ITEM

ののじ 大根スリスリ

本体サイズ:10.8×29.3cm 重量(約):178g 素材: [おろし金]430ステンレス [フレーム]ABS樹脂 [ 柄 ]エラストマー樹脂 [トレー]PCPG樹脂

¥1,119〜 ※2019年1月30日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

YAMAKO

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう